ニトリホールディングスってどんな会社?豊かな住まいを世界中に。2032年に3兆円を目指す

ニトリホールディングスってどんな会社?豊かな住まいを世界中に。2032年に3兆円を目指す

ニトリ。

売上、ブランド力共に、近年急成長しています。

ニトリ製品、皆さんのご自宅にも1つはあるのではないでしょうか?

うちにもあります!

山ほど(∩´∀`)∩

今回はそんなニトリについて診ていきます。

ニトリってどんな会社?

「お、ねだん以上。」=コスパ◎

の住まいに関するニトリのオリジナル商品を販売する会社です。

 

掲げている目標は世界規模。

住まいの豊かさを世界の人々に提供することで、2032年に3,000店舗、売上3兆円目指しています。

ニトリの収入源は?

売上の構成比で…

  • 1位:実店舗での販売
  • 2位:ECサイトでの販売

2021年現在は、ほぼ実店舗が収入源です。

ECサイトの売上構成、もっと高い印象でしたが、全体の1割のみ。

今後は増えていくかもしれませんね。

 

実店舗とECサイトの利益の構成比は不明です。

人件費、店舗家賃などを考えると、ECサイトのほうが収益性は高そうですが、知りたい…

なにはともあれ、全体で粗利40%、営業利益20%。

小売業としてはかなり収益性は高いと考えています。

これはニトリのオリジナル製品が多いため。

おっ。値段以上はコスパの良いオリジナル製品を山ほど創り出せていることで実現しております。

ニトリの今後の注目ポイント

ニトリの今後の成長の大きな注目ポイントは、以下と考えております。

  1. 大ヒット商品を継続的に生み出せるか
  2. アプリ、ECサイト、実店舗をつなぎ、便利な買い物体験の実現できるか
  3. 島忠との経営統合による早期シナジー実現

 

<1.大ヒットオリジナル商品>

ニトリは自社オリジナルで、毎シーズン、大人気商品を生み出しております。

我が家にも、ニトリ製品、沢山ありました。

  • すのこベッド
  • ベット下収納のクリアケース
  • 敷きパッド
  • レインボーなグラス
  • 珪藻土バスマット
  • キッチン用品多数
  • 壁シール
  • カラーボックス
  • バルコニーで使っている木製の机&イス

すのこベッド

ベット下収納のクリアケース

敷きパッド

珪藻土バスマット

我が家の食器たち(ほんの一例…)

 

バルコニーで使っている木製の机&イス

いっぱいあるな…

次はどんなヒット商品がでてくるか。

ついつい期待(´▽`)

 

<2.実店舗と、ECサイト、アプリ>

これをどうつなげられるか!?

 

少し前に、ニトリの大ヒット商品、珪藻土バスマット回収騒動がありました。

回収対象のバスマットか?

色やわずかなサイズの違いで、回収対象か、そのまま利用できるか判断が結構難しい。

私自身、愛用者です。

家にあるバスマットが対象なのか?サイズを測ったのですが、う~~~ん、おそらく回収対象ではない…??

とりあえず、袋に入れて、保管しておりました。

後日、会員カードの購入履歴より、回収対象でないですよ~とメールが!

安心して、袋から取り出し、使いました。

このようなオンライン、オフラインの取り組み、ニトリはアプリも含めて、今後積極的に実施していきます。

 

今後のニトリホールディングスの動き、注目していきます。

それではこの辺で。

まったねー!

企業分析カテゴリの最新記事