新しいショッピングの形!?無人店舗~店舗存続の選択肢~

新しいショッピングの形!?無人店舗~店舗存続の選択肢~

国内外で最近なにかと話題の「無人店舗」

今回はこの無人店舗の実例について、ちょっと診ていきましょう。

 

日本の無人店舗

<期間限定JR赤羽駅の無人店舗>

JR赤羽駅のホームで、無人店舗の実証実験が10月17日から2カ月予定で実施されています。

営業時間は平日10時~20時。

実際に買い物してきましたので、少しだけ紹介します。

外観はこんな感じです。

BOXのようになっております。

TICKET TO TOMORROW

っていうのが、希望に満ち溢れている感じで良いです。

入る前には注意点を確認します。

ふむふむ。

読み終わったら順番に入店です。

入口でスイカをタッチしてGO!

天井、商品棚に沢山のカメラが仕込まれております。

商品を選んで、お会計。

もちろん無人です。

赤枠のところで再度、スイカをタッチ。

商品違いはないですか?の確認があり決済完了です。

カメラの画像認識で「この商品を手に取って、購入した」ということがわかってしまいます。

なんてすごいのでしょう!

一度手に取って、買うのをやめた商品は購入リストには入っていませんでした。

 

◆店舗運営側の目的

・レジの人員の省力化。

最新技術のカメラを沢山設置して、必死に実用化に向けている理由はここに尽きると思います。

人件費高騰に伴う人手不足に対するシステムになります。

 

◆利用者側のメリット

・レジ待ちがない

・買い物ができるという利便性向上

採算が悪い店舗は閉店してしまいます。

人件費を抑えられる無人店舗で、営業を続けることができ、ちょっとした買い物が気軽にできますね。

 

◆課題

・人物と商品の認識精度

入店人数に制限があります。

私が利用した時は、同時に2人までしか入ることができませんでした。

また、商品の認識違いもちょいちょい発生しており、係の方が返金対応をしておりました。

 

まとめ

少子高齢化に対して、世の中が少しずつ動き出しているのが感じられます。

人の働き方、良いほうに変わっていくといいなと感じている今日この頃でした!

社会のできごとカテゴリの最新記事