国内消費の8割が輸入品であるキウイ!TPPの影響は?

国内消費の8割が輸入品であるキウイ!TPPの影響は?

キウイフルーツが最近安くなっている気がする…

これってTPPの影響だったらおもしろいなっ(≧▽≦)

ということで、キウイフルーツについてTPPがどのくらい影響しているのか、調べてみました。

 

以下、本記事の内容を先にお伝えしちゃいますと

<結論>

TPPの影響で、キウイフルーツの輸入量が増加

<理由>

TPPの影響で、スーパーで多少値段がさがっている

消費者の購入頻度が増えたと推測

TPP参加のニュージーランドだけ、輸入量が大きく増えていた!

TPPの影響と考えました★

ちゃんちゃん。

それでは、具体的な数字で診ていきましょう。

 

スポンサーリンク

キウイフルーツについて

ビタミンたっぷり。

身体にうれしいキウイフルーツ。

(出所:ゼスプリインターナショナルHPより)

キウイたちも、栄養の王様だね!と言っています。

 

私は特に、甘さの強いゴールドキウイが好きですヽ(^o^)丿

(出所:ゼスプリインターナショナルHPより)

そうそう、ゴールドはトロピカルな甘さなのです。

ちょっと余談ですが、さらに甘いレッドキウイというものもあるのですよー。

あまり日本では流通してませんが。

オーストラリアに旅行に行った時、現地スーパーで発見★

美味しくて、たらふく食べました。

 

話を戻しまして。

ゴールドキウイをよく買うのですが、2019年4月ごろから、少しだけ安くなった印象です。

<ゴールドキウイ>

スーパーとかで目にする印象価格

(個人的に。あくまでも参考値)

2018年:小さい4玉で398円

2019年の4月ごろ:小さい4玉で298円

1玉大きいので89円の特売も行われるようになった気がします。

少し買いやすくなったなぁ~。

これってTPPの影響??

ちょっと数字でみてみましょう(^^)v

 

※参考 TPPについてまとめた記事はこちら↓

TPPとは?加盟国は?いつから施行されるの?簡単に分かりやすくまとめてみました

 

TPP発効前の関税

キウイフルーツの関税は、

・関税:6.4%

 

2015年前後の少し古いデータですが、

・国内生産量:28千t

・輸入量:79千t

だいたい国産:外国産=2:8とします。

輸入がメインのフルーツです。

この輸入のうち95%がニュージーランド。

(出所:財務省貿易統計(輸入) 農林水産物輸出入情報 より筆者作成)

圧倒的ですね!

ニュージーランド産は、ゼスプリインターナショナルジャパンが独占輸入してます。

よくみますよね、このシール。

(出所:ゼスプリインターナショナルHPより)

 

2番目が大きくかけ離れて、輸入の2%でチリです。

ニュージーランド、チリは、TPP参加国。

むむっ、これはTPPの影響の期待大っ♪


TPP発効後の関税

キウイフルーツは

即時関税撤廃です。

TPPに参加している国なら、日本の輸入で関税が0%★

ニュージーランド、チリはうれしいはず…(≧▽≦)

日本の食卓もキウイの出現頻度が増えてうれしいはず…(≧▽≦)

 

スポンサーリンク

外国産キウイの輸入量の変化

2019年のキウイの輸入数量を確認してみます。

(出所:財務省貿易統計(輸入) 農林水産物輸出入情報 より筆者作成)

1〜4月の累計地から、つまり4月の実績分から、2019年特有の伸びがみられます。

 

2019年の国別輸入金額ベスト3を、月別でみてみます。

(出所:財務省貿易統計(輸入) 農林水産物輸出入情報 より筆者作成)

4月実績から、一位にニュージランドが入ってきてます。

ニュージランドはTPPの関税撤廃されている国です。

よって、少し強引ではありますが、TPPの影響で、輸入数量が増えているとしました。

それにしても、ニュージランドの輸入数量はすごいっ∑(゚Д゚)

他の国を寄せ付けません。

 

因みに相場が安かったから、輸入数量が2019年は伸びたのでは?ということも考えられるので、グラム単価をみてみました。

(出所:財務省貿易統計(輸入) 農林水産物輸出入情報 より筆者作成)

kg単価は2019年の方が若干高めでした。

なので、相場の影響で、輸入数量が上がったのではないことが、分かりました。

身の回りに少しずつ、TPPの影を感じて嬉しくなりました(^^)

 

 

輸入ブドウについてもTPPの影響をみてみました↓

外国産ブドウが安い!これってTPPの影響?日常生活の変化を数字で確認してみました

 

それでは、この辺で。

まったねー!

社会のできごとカテゴリの最新記事