TPPとは?加盟国は?いつから施行されるの?簡単に分かりやすくまとめてみました

TPPとは?加盟国は?いつから施行されるの?簡単に分かりやすくまとめてみました

TPPってなに?

TPPを全く知らない方が、簡単に理解できる入門記事です。

 

スポンサーリンク

TPPとは?

TPP(Trans-Pacific Partnership)=
環太平洋パートナーシップ協定


環太平洋に沿った11カ国で、

「国内で商売できるような感覚で、自由に貿易しようよー」

「そして、みんなで経済を活性化していこうよー」

ということ考えました。

それを実現するためのルールがTPPです。

 

TPPは、経済連携協定 です。

これはどうゆうことか?

 

経済連携協定の関連語として、自由貿易協定(FTA)というものがあります。

FTAは、財・サービス貿易の自由化を目指したものです。

経済連携協定は、FTAを軸にしながら、もっと広義で自由に連携していくことを目指します。

具体的には、以下のような項目も自由にやり取りできるようにしていきます。

・人(労働力)

・カネ(資本)

・知的財産権

・競争政策に関するルール作り

・経済制度の調和

・紛争処理手続き

 

つまり、TPPは、モノの関税だけでなく、サービス、投資の自由化を進め、さらには知的財産、電子商取引、国有企業の規律、環境など、幅広い分野でルールを構築することを目指します。

 

このような広い意味での協定ですが、分かりやすいのが、モノの貿易の関税撤廃です。

関税撤廃に関してみると、日本の全貿易品目(9,018品目)の、なんと95%の関税が最終的に撤廃され、関税が残るのは農林水産物443品目だけになります。

 

FTP、TPPについてまとめた記事はこちら↓

・FTP、EPA、TPPとは?違いは?貿易に関する協定の違いを簡単に解説

 

TPPの加盟国

次にTPPの参加国をみていきましょう。

参加国は11か国(TPP11)。

オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナム

 

この11か国の人口合計は、約5億人(世界の約6%)にあたります。

11か国のGDP=国内総生産の合計は、日本円にして約1,100兆円(世界全体の13%)。

TPPは、世界を動かす大きな経済連携協定ですね(*’ω’*)

 

TPPのアメリカ離脱

交渉スタート時、TPPの参加国にアメリカも存在していました

しかし、トランプ大統領就任→TPP離脱(^^;

 

アメリカが参加していた時は、TPP参加国で、世界のGDPの40%近くを占めておりました。

・人口が約8億2000万人(世界の約11%)

・GDPは約3200兆円(世界全体の約37%)

アメリカの影響力ってすごいΣ(・ω・ノ)ノ!

 

スポンサーリンク

施行時期

2018年12月30日から発効しています。

この日から完全施行というわけではありません。

徐々、徐々にというイメージ。

物によっては10年かけて関税を、20%→10%→0%と無くしていく場合もあります。


まとめ

確実に生活に変化のある協定です。

どうな変化があるか?

日常の中で探していきたいと思います。

 

日常の変化が、TPPの影響であることを確認した記事はこちら。

・外国産ブドウが安い!これってTPPの影響?日常生活の変化を数字で確認してみました

・国内消費の8割が輸入品であるキウイ!TPPの影響は?

 

それでは、まったね!

キーワードカテゴリの最新記事