Amazonに対抗!小売業が選ばれる方法【SPA(製造小売)という選択も考えてみる】

Amazonに対抗!小売業が選ばれる方法【SPA(製造小売)という選択も考えてみる】

Amazonってすごいですよね。

何でも買えます。

届けてくれます。

値段だって安い。

便利すぎる…ヾ(≧▽≦)ノ

 

既存の小売業が、アマゾンに対抗する術はないのか!?

Amazonがいても、小売業が選ばれる糸口を、考えてみました。

 

小売業がAmazonに対抗するためには…

私なりの結論:

①顧客を一番近くで理解し、

②ニーズに応えられるオリジナル製品をつくる(SPA)

③ニーズに応えられる体験を販売する

 

では順番に、説明していきます。

①顧客を一番近くで理解する

なんたってなんたって!

これは小売業の最強の強みです。

ペルソナを想像しなくて良いのです。

ペルソナについての記事はこちら↓

・マーケティングで重要!顧客視点&社内認識共通化できるペルソナとは? 背の高いポチを手にした高校生を例に考える

 

だってほらほら、目の前に、買い物に来てくれているのです。

直接会って、話ができるのです。

 

<小売業の強み>

・顧客が購入する現場を誰よりも近くで見れる

・顧客の声を聞くことができる

・顧客の表情、行動を確認できる

結論:顧客を知れる

これはも~活かさない手はないですよね!

 

どの顧客が重要か?は見極める必要があります。

つまり、どの顧客が

・お店に長期間利益をもたらしてくれるか?

・推奨者となって知人におススメしてくれるか?

来店される全員の要望には応えられません。

なので、そこは優先順位をつけていましょう。

お店とお互いがwin-winな関係になれる顧客を

探しましょう♪

増やしましょう♪♪

 

②顧客ニーズに応えられるオリジナル製品をつくる

Amazonで売っていないもの。

自店でしか売っていないもの。

しかも来店客のニーズにマッチする製品やサービス。

これができたら強いですよね。

 

小売業は、そもそも販売する場所です。

販売力に長けていますが、これからは製造まで手掛けられるか!?がポイントになってきます。

ここでSPA(製造小売)という可能性を考えましょう。

 

SPA(製造小売)とは?

SPA=speciality store retailer of private label apparel

SPAとは、小売業が製造まで踏み込み、自社のオリジナル商品の開発を行い、自社で販売する方法。

サプライチェーンの上流にも、小売りのテリトリーが伸びたイメージ。

 

アパレル分野の成功事例が有名です。

ユニクロ、コムサ、ニトリなどなど。

結構あります、増えてきた印象。

 

製造はファブレス方式でもOKです。

ファブレス経営の記事はこちら↓

・ファブレス経営が成功するためのポイントは?企業例とメリット・デメリット

 

重要なポイント!は、顧客のニーズを把握できるという強みを活かし、自社オリジナル製品に活かすこと~(´▽`*)

企画がしっかりしていることが重要です。

 

 

③顧客ニーズに応えられる体験を販売する

モノからコトへ…

消費が変化しているというのは、もう耳タコかもしれません。

小売業でしたら、イベント開催が可能です。

イベントで自社で販売している商品やサービスを体験に変えていけます。

また、通常の買い物を楽しくする!だけでも良いのです。

楽しいな~楽しいなぁ~☆

うれしいなぁ~、驚いたなぁ~☆

その顧客のニーズに応えられる楽しい体験。

全てエンターテイメントにしてしまいましょう。

 

 

最後に、再びまとめます。

小売業がAmazonに対抗するためには…

①顧客を一番近くで理解し、

②ニーズに応えられるオリジナル製品をつくる(SPA)

③ニーズに応えられる体験を販売する

 

こんなにアマゾンが便利なのに、小売業が街中にたくさん残っている理由。

それぞれの店舗の理由を探っていくのも楽しいですね☆

 

それでは、この辺で。

まったね~!

 

 

キーワードカテゴリの最新記事