【1:5法則から再認識】結局はLTVの追求が大事

【1:5法則から再認識】結局はLTVの追求が大事

自分の商品を購入してくれるお客様。

リピートしてもらうことの効率性をバーンと数字を表しているのが

「1:5の法則」

 

今回はこの1:5の法則について短くまとまました。

 

1:5の法則とは

既存の顧客を維持:新規の顧客を獲得=1:5

のコストがかかる!Σ(・□・;)うぎゃー!

というのが1:5の法則といわれている考え方です。

 

根拠、出所は諸説あり。

ですが、仕事をしていると、

「うんうん確かになぁ。」

新規顧客を獲得するためのコストの大きさに、うならされた覚えが…

 

新規のお客様を取っていかないと、もちろん既存顧客に育ちません。

なので、新規のお客様は取り続ける必要があります。

しかし既存顧客を、リピートさせて生涯のお客様にしたほうが、とっても効率が良い◎

 

×:新規獲得ばかり、全力で駆け抜けて、付き合いの短い顧客を沢山作る

〇:リピート顧客をつくることに重点をおく

 

結局はLTVの追求が大事

LTV=生涯顧客価値

LTVとは、1人1人のお客様が、長期にわたって、その企業に支払った購入金額から、その商品原価やそのお客様を獲得・維持するための費用を差し引いた利益額のこと。

LTV:生涯顧客価値(円)=年間取引金額×収益率×継続年数

 

顧客と信頼関係を築くことができて、リピート、リピート、リピート♪♪

こうなると!

  • 新規でお客様になってもらったときの費用を回収できる
  • その後のリピート利用により、何回も利益を残してくれる

 

顧客の生涯に寄り添う姿勢で、自らの事業を展開していくのがおすすめ(≧▽≦)

ということでした★

 

 

今回は短い内容でしたが、何に対しても応用できる考え方なので、結構重要です。

頭に片隅にぽこっと置いておくと、効率的に動けるかも!?

 

それではこの辺で。

まったねー!

キーワードカテゴリの最新記事