アンゾフの成長マトリックスでビジネスマン向け英会話学校を成長させる!?

アンゾフの成長マトリックスでビジネスマン向け英会話学校を成長させる!?

アンゾフの成長マトリックスとは、経営学者イゴール・アンゾフが、企業を成長させる戦略について

「製品が既存か新規か」「市場が既存か新規か」

の二軸で分けた四つの象限で説明したものです。

アンゾフは言います。

「四つの象限では、それぞれ成長戦略がある。」

 

アンゾフが言うそれぞれの成長戦略を、英会話学校の例で考えていきましょう。

社会人をメインターゲットにしている英会話学校と想定しましょう。

お客さんの社会人は、仕事帰り、または休日にレッスンに参加します。

通う目的は、
海外で働きたいため、仕事で海外部門に異動したいため、実際に実務で使用していため
外国で仕事をしたい、海外に関わった仕事がしたい、という方が多いようです。

さてさて、アンゾフの四つの象限で、英会話学校は、どんな成長戦略がとれるでしょう。

 

市場浸透戦略

一般顧客をロイヤルカスタマーへとかえることを目指す超ファンに変身大作戦です。

ロイヤルカスタマー、超ファンになってもらうために、既存のビジネスをどう活かすかを考えます。

ビジネスマン向けの英会話学校の場合、既に通っている生徒に対して、英会話のレッスンの頻度を増やすことができれば成功です。

具体的には、

通常週1回のレッスンで、優秀な生徒に対して、追加レッスンを半額で受けれるチケットをプレゼント。

結構お得なチケットなので、本気で英語を上達させたい優秀な生徒は、週2回、お得に参加します。

新製品開発戦略

新しい製品を、既存の顧客へ投入することで成長する戦略です。

既存の製品に機能を加えたり、まったく新しい製品を開発したりしますが、あくまで既存顧客をターゲットにします。

ビジネスマン向けの英会話学校の場合、既に通っている生徒に対して、既存レッスン以外で何かを購入してもらえれば成功です。

具体的には、
レッスン以外で、先生たちとお酒が飲める国際パーティーを開催。参加費を徴収する。


会話のレッスン以外に、ビジネス英語メールのメール講座を開設する。
海外で働きたい生徒に対して、海外の仕事を斡旋し、手数料をもらう。

というような例が挙げられます。

新市場開拓戦略

既存の製品を、新しい顧客へと広げることで成長するる戦略です。

ビジネスマン向けの英会話学校の場合、既存のビジネスマンではなく、違う誰かに、現レッスンを売ることができたら成功です。

具体的には、
学生向けビジネス英会話講座を開設し、社会人になる前の準備講座という位置づけ。

社会人講座への誘導も兼ねます。

多角化戦略

製品・市場ともに、現在の事業とは関連しない、新しい分野へと進出して成長する戦略となります。

成功すれば、事業の幅をぐーんと広げることができ、強い企業へと成長します。

しかし、新しいこと尽くしのため、失敗する確率も高く、ハイリスクになります。

ビジネスマン向けの英会話学校の場合、新しい顧客に、新しいサービスが提供できたら成功です。

具体的には訪日外国人向けに、日本の観光スポット、歴史、マナー等、日本滞在を楽しめるレッスンを実施する例が挙げられます。

アンゾフは多角化戦略についてはさらに4つに分類しております。

・水平型多角化:同じ分野で事業を広げる
・垂直型多角化:製造の上流もしくは販売という下流へと事業を広げる
・集中型多角化:現状の製品と近い製品によって新しい市場へと進出する
・集成型多角化(コングロマリット型多角化):新しい製品を、新しい市場に導入していく

 

まとめ

まとめるとこんな感じです。

事業を成長させたいときのヒントになりますね!

キーワードカテゴリの最新記事