4P・4Cから4Eへ★web時代マーケティング実行戦略の変化

4P・4Cから4Eへ★web時代マーケティング実行戦略の変化

マーケティングの実行戦略を考えるフレームワークで

4P、4Cというものがよく言われています。

最近はweb時代の応用版、4Eという考え方も使われています。

今回は、4P、4Cを簡単に振り返りつつ、4Eについてまとめます。

 

 

4Pとは?(売る側の視点に重視)

  

マーケティングの実行戦略を考える上でよく使われる4P。

  • Product(プロダクト:製品)⇒何を売るか?
  • Price(プライス:価格)⇒いくらで売るか?
  • Place(プレイス:流通)⇒どこで売るか?
  • Promotion(プロモーション:販売促進)⇒どうやって認知させるか?買ってもらうか?

売る側の視点が強いことから、プロダクトアウト思考です。

 

4Pについての詳細をまとめた記事はこちら↓

・マーケティングの4P分析実践し、フリマアプリでたくさん売る方法

 

4Cとは?(顧客視点を重視)

そして4Pからより、顧客側の考え方によったのが4Cです。

  • Product→ Customer Value(カスタマー・バリュー):ターゲットにとってのメリット、悩みの解決
  • Price → Customer Cost(カスタマー・コスト):ターゲットが払うお金、時間、リスク
  • Place → Convenience(コンビニエンス):ターゲットが、早く、楽に情報・製品を手に入れる方法
  • Promotion → Communication(コミュニケーション):ターゲットとのやり取り

顧客側の視点が強いということで、よりマーケットインな考え方です。

 

4Pと4Cはどちらの考え方が正しい!とかゆうものではありません。

同時に考えることで、より戦略が具体化してきます。

 

そして、さらに…

web時代のマーケティングということで4Eというものが提唱されました。

 

マーケティングの4Eとは?

web時代のマーケティング実行戦略です。

  • product (costomer value) → experience 体験
  • price (costomer cost) →  exchange 交換、共有
  • place (convenience) → everywhere どこでも
  • promotion (communication) → evangelism 伝播

 

experience(体験)

製品も全て、「顧客がどんな体験をできるのか?」で考えます。

メーカーも、小売も。

例)この食品スーパーで買い物をしたら、今までで一番おいしいカレーライスが作れて、付け合わせの福神漬けも大好評!家族と「おいしいねぇ~」と幸せな体験を提供できた。

 

exchange (交換、共有)

4Pは、顧客がお金を支払う。

4Cは、顧客がお金、時間、リスクなどを支払う。

4Eは、顧客が持っているものと、欲しいものを交換する。

ここで新しくシェアの概念も入ってきます。

 

everywhere (どこでも)

リアル店舗、オンラインなど。

ターゲット顧客が便利だな~という場所に、販売ポイントを作っていきます。

 

evangelism (伝播)

ネット上の口コミ、親通しのおしゃべりの口コミなど。

顧客によって伝わっていくイメージです。

顧客→顧客をうまく促すような手を企業側が試行錯誤していきます。

 

ファッションブランドのZARAの事例が有名です。

この4Eを実行して、若い世代のマーケティングに成功しております。

 

4E、日々のマーケティング業務で活用していきたい。

うむ。

 

4P・4C・4Eの前に、STP分析は必須

4P・4C・4E…

いづれも実行戦略です。

これだけでは、ターゲットはだれ?

なぜそのターゲットにしたか?

などがないため、実行戦略だけではぶれぶれになってしまいます。

4P・4C・4Eの実行戦略を立てる前に、ますSTP分析を行います。

STP分析で以下を決めます。

  • Segmentation:どの市場で?
  • Targeting:誰に対して?
  • Positioning:どのような価値を提供していくか?

 

STP分析について説明した記事はこちら↓

・STP分析で動物グッズのマーケティング戦略を考える

 

これからもすごいスピードで時代は変化していきます。

その時代にあった新しい考え方を柔軟に活用していきたいとなぁ。

 

それではこの辺で。

まったねー!

キーワードカテゴリの最新記事