Google Chrome のキャッシュをクリアする方法【CSSの変更が反映されないときの対策】

Google Chrome のキャッシュをクリアする方法【CSSの変更が反映されないときの対策】

Google Chromeで、キャッシュに履歴が残り、そのキャッシュが原因でCSSの変更が反映されない場合があります。

私の場合、WordPress(ライオンメディア )をカスタマイズ。

最終更新日を表示させました。

その際、わかりやすいように更新マークのアイコンで表示するようにCSSをカスタマイズ。

 

誤って、更新マークのアイコン以外を消してしまいました。

しばらくすると…

今まで表示されていたデフォルトのアイコンが□に!

ええ、消してしまったからなのは分かっています…

慌てて、更新マーク以外のアイコンもアップロードしなおし。

すると、、、

あれ??

変わらず□のままだ…??

 

原因は、Google Chrom上にキャッシュ(履歴のようなもの)が残っていたことにあります。

キャッシュを削除することで、晴れて、アイコンが表示されました。

(パチパチパチパチー)

最終更新日のアイコンを表示する記事はこちら↓

・LIONMEDIAをカスタマイズして更新マークのアイコン追加する方法【WordPress】

 

今回の記事では、このGoogle Chromeのキャッシュを削除する方法をご紹介します。

PC、スマホと2パターン。

パソコンでWordPressを使用している方は、主にパソコンパターンになるかなと思います。

スポンサーリンク

Google Chromeの設定からキャッシュクリア:PC

Google Chromeの設定から、キャッシュを削除します。

Google Chromeを開き、右上の縦の点が3つ並んだ所をクリック。

 

下の方の「設定」をクリック

 

 

設定ページをグーっと下へ。

1番下の「詳細設定」をクリック。

 

「閲覧履歴データを削除する」をクリック。

 

詳細設定のタブを開き、削除したい項目を選択。

今回は

・閲覧履歴

・ダウンロード履歴

・キャッシュされた画像をファイル

を選択して「データを消去」をクリック。

Google Chromの動きをサクサク軽くしたい場合は、いらないデータを一緒に消してしまうのも手です(^^)

 

<応用編>

一発でキャッシュクリアの設定画面にいけるショートカットの裏技があります。

Google Chrome操作中に

「Ctrl + Shift + Del キー」

を押すと、一発で消去画面になりますよ(´▽`)

 

Google Chromeの設定からキャッシュクリア:スマホ

次は、アプリからキャッシュ削除する方法です。

 

Chromeアプリを開きます。

右下の「…」から「履歴」をタップ。

 

「閲覧履歴データを削除」をタップ。

 

削除したい項目を選びます。

今回は

・閲覧履歴

・キャッシュされた画像とファイル

を選択し、「閲覧履歴データの削除」をタップ。

 

「閲覧履歴データの削除」をタップ。

~完~

 

Google ChromeでCSSを変更したのに反映されない場合の対応方法で使えます

あとは、キャッシュクリアを行うことで、Chromeの動作が軽くなることがあります。

掃除のイメージで、定期的にキャッシュクリアするのがおすすめです。

 

それではこの辺で。

まったねー!

デジタルマーケティングカテゴリの最新記事