1時間で完了!WordPressでブログ♪の始め方【初心者でも簡単】

1時間で完了!WordPressでブログ♪の始め方【初心者でも簡単】

ブログを書いて収益化していきたい。

けど、ブログを開設するには何から始めればよいの??(´・ω・)

今回はそんな疑問に応える記事です。

 

ブログで収益化を目指したいのであれば、まずはWordPress(ワードプレス)というツールを使ってブログを開設することをおススメします。

簡単に1時間程度で、ブログを書ける状態にできます。

ブログ初心者だった私でも…

プログラミングとか知らなくても…

システム専門家でなくても…

ぱぱっと、できてしまうのです。

初期費用はかかっても3,000円くらい。

(サーバー月会費1,200円前後+ドメイン年会費1,200円前後)

このハードルの低さがブログの魅力なのでございます(≧▽≦)

やってみて、「つまらないな」「自分には合わないのでストレスになる…」

と思ったら、その時点で辞めたり、休止したりすればよいのです。

 

とりあえず、自分だけの発信ができるブログを開設。

時間労働以外の収益を得る、最初の成果物で自信につなげていきましょう(´▽`)

 

今回は、私が最初にブログを立ち上げた時の経験をもとに「初心者でも簡単にWordPressブログを立ち上げる方法」をまとめていきます。

本記事を読みながら同時並行で、ブログを開設しちゃいましょう。

読み終わったころには、一歩先に進んだステージに立っています。

 

WordPressでブログを開設する流れ

ブログの開設は、スマホの契約と似ている!?

次の3ステップ。

  1. サーバー契約 ⇒スマホ本体の契約のイメージ
  2. ドメイン(URL)の契約 ⇒スマホの電話番号を設定するイメージ
  3. WordPressをインストール ⇒スマホのアプリをインストールして、新規アカウントを登録するイメージ

3ステップが完了すれば、世界でたった一つの、オリジナルwebページができ、ブログが書き始められます。

なんてすごいことなのでしょう。

1時間程度、3,000円程度で、世界中と繋がれる自分だけのサイトができちゃうのです。

はぁ~~、現代に生まれてよかったぁ(´▽`)

もう行動しない選択肢はなしですねっ♪

 

ということで、まずはステップ1のサーバー契約から。

サーバーはどれがおススメ?

まずはスマホ本体となるサーバーをきめましょう。

サーバーを選ぶときのポイントは、以下3つです。

  • 速い
  • WordPressと相性が良い
  • 高くない

 

この条件を満たしていて、有名ブロガーさんたちもおススメしているのが、次の2つのサーバーです。

 

私はエックスサーバーが運営しているwpX Speedを活用しております。

WordPress専用のサーバーで、使いやすいです。

web上での情報が多いので、困ったときは検索して解決できます。

以下は、wpX Speedのサーバー契約の解説です。

 

wpX speedサーバーの契約方法(STEP①)

まずwpX Speedの公式HPにアクセスします。

wpX Speed 公式HP  

右上のサーバー申込みをクリック。

※よく15日間無料キャンペーンを実施しています♪

「新規お申込み」をクリック。

お客様情報の入力をしていきます。

この際サーバー契約のプランを選択します。

公式サイトのおすすめはW2と書かれていますが、初めてブログにチャレンジしてみる場合はW1プランで充分です。

W1プランは最大1,200円ですが、ブログ始めまして!という方は、まだそこまでサイトの通信が発生しないため、700円/月程度の請求になることが多いです。

ブログスタートの方にはうれしい料金体系です。

 

項目を全て入力し、その後、認証する作業をすれば、サーバー開設完了です。

やったね(≧▽≦)

新しいスマホ本体が買えました(イメージ)。

 

ドメインの契約(STEP②)

次は、ドメインの契約(自分のサイトのURLを決める)です。

スマホ契約で例えると、電話番号の設定です。

ドメインはwpX Speedを運営しているエックスサーバーでも発行できます。

他のサイトでも発行できます。

 

ドメイン契約時に気を付けるのが2年目以降の通常料金です。

よく初年度は300円だけど、翌年以降は2,000円とかあります。

 

ドメインを決める際、

URL: ×××@com、×××@net

など×××は自分で決め、@以下は選択できます。

@以下の種類により、年間費用も変わってきます。

特にこだわりが無ければ、@comなどの安心感あり、シンプルなものが良いです。

本サイトは「@com」にしています。

理由は、読者の方が馴染みがあるので安心感を与えるし、入力もしやすいからです。

 

ドメインを発行する際、おススメなのが以下、3つ。

エックスドメイン :wpX Speedを運営しているエックスサーバーが運営

ムームードメイン :GMOグループが運営

wpX Speedドメイン:wpX Speedサーバーを使っている場合、管理画面からドメイン発行できスムーズ

代表的なドメインの年間費用は以下です。

年間費 .com .net .info
エックスドメイン 1,180円 1,380円 1,480円
ムームードメイン 1,480円 1,480円 1,680円
wpX Speedドメイン 1,500円 1,500円 1,500円

※税抜、2020年12月時点、

※初年度はさらに安くなるプランがあります(.comの場合、エックス:260円、ムームー:1,160円)

「.com」だと、エックスサーバーのほうが安いので、エックスサーバーの契約方法を記載します。

 

まずがエックスドメインの公式HPをクリック。

エックスドメイン

「お申込み」をクリック。

登録したいドメインが誰にも使われていなく、登録可能か入力してみて確認します。

例えばサバ缶が好きすぎて、サバ缶について発信するブログを開設したいとします。<゜)))彡

希望しているドメインの@前が「sabakan」。

ドメインは世界で1個のみ存在できます。

ダブり無し、一度設定したら、そのサイトのドメインは変更できません。

既につかわれていないか、まずチェック。

空きドメインを確認するため、「sabakan」と入力してみました。

検索をクリックすると…

sabakan.comは既に使われていました。

sabalan.netなら登録できそうです。

こんな感じで希望のドメインを確認し、決定しましょう。

始めは、登録年数は1年でOKです。

希望するドメインが「〇取得可能です」となっていたら、該当ドメインの左のチェックボックスにチェックを入れ、「取得手続きに進む」をクリック。

※エックスサーバーを同時契約しない場合はサーバーは「利用しない」が選択されているので、そのままでOKです。

 

エックスサーバーの契約をしていない方は、「Xserverアカウントの登録」をクリック。

(wpX Speedサーバーの登録があっても、新規登録になります。別物です。)

登録情報の入力をします。

メールアドレスとか、もろもろ。

入力完了すると、登録したメールアドレスに確認コードがきます。

メールに記載されている確認コードを入力。

 確認画面へ進み、入力した内容を確認する。

支払い方法を入力。

申込み内容の確認をし、規約を確認し「申し込む」

すると登録中です、管理画面で進行状況を確認してね的なメッセージが。

今回は1分もかからずに、登録完了のメールがきておりました。

ちなみに1年目の年会費はエックスドメインはお得♪

.comは286円でした。

いえーい★

 

ドメインの設定(STEP②)

自分だけのオリジナルドメインができたら、今度はドメインを、サーバーに登録する必要があります。

ブログを書くサーバーの管理画面にログインします。

ここではwpX Speedのサーバーにログイン。

ドメイン追加設定⇒ドメイン追加⇒ドメインを入力⇒「ドメインの追加」をクリック。

 

ドメインの追加ボタンをクリックしますと、認証画面になります。

認証とは、入力されたドメインが、本当に本人のものであるかの確認です。

いくつか方法はありますが、「Whois認証」を今回は説明します。

(他社の独自ドメインをwpXで利用するにはこの作業が不可欠なため)

ここで一旦、wpX Speed管理画面は置いておきます。

 

ドメインを登録した管理画面で、「ネームサーバー設定」を行います。

今回はエックスドメインで、独自ドメインを取得しました。

よって、エックスドメインの管理がメインにログインします。

「ネームサーバー設定」

⇒その他のサービスで利用する(wpX Speedを使っているので)

⇒ネームサーバー1~3に以下を入力します。

ネームサーバー  
ネームサーバー1 ns1.wpx.ne.jp
ネームサーバー2 ns2.wpx.ne.jp
ネームサーバー3 ns3.wpx.ne.jp

「確認画面へ進む」⇒「設定を変更する」

これで完了です♪(≧▽≦)

 

ここ、wpX Speed管理画面に戻ります。

ドメイン追加の「Whois認証」を選択し、「ドメインの追加(確認)」をクリック。

「ドメインの追加(確定)」をクリックし、完了~♪

ドメインの追加できました。

すると次にWordPressインストールの案内が…

もう少しで終わりなので、このまま突き進みます(´▽`)

WordPressをインストール(STEP③)

スマホで新規契約で例えると、スマホ本体、電話番号の設定が完了した状態。

あとはアプリをインストール(WordPres)して、快適に使いましょう。

ということでWordPressのインストールです。

(あと少し!(^^)!)

「追加したドメインにWordPressをインストールする」をクリック。

※もしこの画面を消してしまった場合は、サーバー管理⇒新規インストールをクリックすればOKです。

全ての項目を記入していきます。

必要項目をすべて入力します。

ブログタイトルは後でも変更できますので、とりあえず入力しましょう。

また、独自SSLを利用するはチェックをいれましょう。

※SSL化とは?についてまとめた記事はこちら↓

・SSL化の最大のメリットは、読み手への安心感によるクリック率増加【実績有】

 

各項目を埋めたら「次へ進む」を選択します。

「確定(WordPressをインストール)」

 

3分ほどで(タイミングによって異なります)、インストール完了の画面になります。

ここで表示された、管理ユーザー、パスワードはメモしておきます。

WordPressの管理画面(ダッシュボード)にログインするために必要なのためです。

 

WordPressの管理画面にログインできるか、動作確認を行います。

wpXの管理画面のサバ―管理

⇒インストール済みWordPress一覧

⇒新規インストールしたワードプレスの「ダッシュボードへ」をクリック。

するとワードプレス管理画面にログインできるページが開きます。

※もし、ログインページが表示されず、「無効なURLです」と表示されたら、時間をおいて再度試してみます。

15分くらいが目安ですが、タイミングによってはもう少しかかります。

先ほど保存していた、ユーザー名、パスワードを入力し、ログインをクリック…

こちらが、これからブログを沢山書いていく管理画面です。

画面左上にあるサイト名にカーソルをもっていくと、「サイトを表示」が現れますのでクリック。

じゃーん!

こちらのページがオリジナルドメイン(URL)で存在しているwebサイトです。

ブログを開設できました。

これで、サイトの確認作業は完了です。

 

…さてさて、やりました!

ブログ収益化の最初となる成果物「ブログ開設」です!

ここまでできただけでも、ものすごくすごい(≧▽≦)

 

・サーバーを契約して、

・独自ドメインを取得し、

・WordPressをインストール

が完了しました。

ブログの下準備が整いました。

早速、記事を書いてみたくなる(うずうず…( ..)φ)

かもしれませんが、その前にWordPressの初期設定が必要です。

WordPressの初期設定については別記事にまとめ、公開したら、こちらにリンクをはっていきます。

 

それでは今回はこの辺で。

まったねー(´▽`)

デジタルマーケティングカテゴリの最新記事