エックスサーバーを使って無料でSSL化する方法

エックスサーバーを使って無料でSSL化する方法

エックスサーバーを利用していると、無料でSSL化ができます。

SSL化の手間時間は5分ほど。

私は1年以上、SSL化をしていませんでした。

もっと早くしておけばよかったー!

ということで、エックスサーバーを利用している場合に、SSL化の手順をまとめます。

 

スポンサーリンク

SSL化(常時)とは?

サイトのURLの頭が「https」になります。

常時SSL化していない http://nigomutsu.com/

常時SSL化している https://nigomutsu.com/

 

<SSL化のメリット>

  • サイトのセキュリティ向上
  • サイト表示が早くなる
  • SEOが、気持ち有利になる
  • 読み手への安心感(サイトの信頼度アップ)

メリットについてまとめた記事はこちら↓

・SSL化の最大のメリットは、読み手への安心感によるクリック率増加【実績有】

 

<SSL化のデメリット>

  • 費用がかかる(エックスサーバーなどを使えば無料)
  • URLが変わる(http→https)ため、変更作業が必要
  • ページが割れる(http、https)ため、分析にやや手がかかる

 

それではSSL化する手順に移っていきます。

 

独自SSL設定の追加

エックスサーバーの管理画面を開きます。

wpXの管理パネルにて、SSL化したいサイトを選択。

 

セキュリティ設定→独自SSL設定

SSL化されていないサイトはOFFになっています。

「設定」をクリック。

 

「独自SSL設定の追加」

 

「CSR情報」にチェックし、該当項目を入力。

「確定」をクリック。

これで、SSL化の設定は完了~♪

簡単ですね(^^)v

15分以内にSSL化されます。

同時に、補助機能の設定も行いましょう。

 

SSL化補助機能の設定

補助機能の設定をすると、サイト内リンクなどもSSL化してくれます。

「SSL化補助機能」という別タブをクリック。

 

全ての項目に☑があることを確認し、「確認」をクリック。

 

「確定」をクリック。

 

完了しました!

 

セキュリティ設定の独自SSL設定が「ON」になっていることを確認。

 

私がSSL化を実施したときは、5分後に更新されていました。

これではれてhttpsに!

やったー!

 

・ツイッターリンクも問題なし

・サイト内の自分記事へのリンクも問題なし

リンクエラーになることなく、安心しました☆

 

今まで、URLのところが「安全ではありません」と表示されていましたが、それも消えました。

 

エックスサーバーは、追加料金なしでSSL化ができるのでおすすめです。

・エックスサーバー wpX  

 

SSL化後の各分析ツールなどでの必要な設定↓

・常時SSL化に変更完了!Googleサーチコンソール・アナリティクス等の設定は?

 

それではこの辺で!

待ったねー☆

 

デジタルマーケティングカテゴリの最新記事