wpX⇒wpX Speedへサーバー移行【簡単】つまずきポイントをまとめたよ

wpX⇒wpX Speedへサーバー移行【簡単】つまずきポイントをまとめたよ

※2021年1月3日更新

今回はwpXのサーバー移行のお話です。

本ブログは、WordPressを使って書いています。

そのため、サーバーは、WordPress専用で評判の良いwpXレンタルサーバーを使っていました。

この度、「wpX」の進化版、「wpX Speed」が登場したとこのとで、サーバー移行にチャレンジしました。

wpX Speed 公式サイト

 

wpX→wpX Speedのサーバー移行は簡単

サーバー移行は簡単でした。

公式サイトのマニュアル通り進めると、スムーズです↓

・公式サイトの手順マニュアル(wpXクラウド・レンタルサーバーからの移転

現在使用しているwpXサーバーの契約期間が残っていても、残期間分をクーポンとして使えます。

実施したければ、損せず今すぐにでも移行は可能です。

 

しかーし、私自身は、システムエンジニアではありません。

サーバー移行なんて、やったことがありません。

 

サーバー移行…

手塩にかけて書いてきたブログが全部消えたらどうしよ…

WordPressが、ログインできなくなったらどうしよう…

 

移行中は、もう、はらはらドキドキ(・_・;)

「え?これで良い??」

「ボタンクリックして大丈夫?本当に大丈夫??」

おっかなびっくりで、サーバー移行をしました。

そして、実際、いくつかのつまずきポイントがありました(^^;

これから移行する方が、同じつまずきポイントに遭遇した時、突破口になれば嬉しいなと思いまとめます。

 

私も、先駆者の方々のブログに助けられました。

現代って本当に便利。

他の方のブログでは、別のつまずきポイントの解説があったりしますので、本ブログで解決しない場合は、いろんな方の記事を探してみてください(≧▽≦)

 

それでは、説明していきます。

サーバ移行の流れ

発見しました。

サーバー移行は、スマホの機種変更と似ている!?

例えると…

  • サーバー⇒例)スマホ本体
  • ドメイン(URL)⇒例)電話番号、番号はそのまま機種変更するイメージ
  • WordPress⇒例)ブログを書くアプリ

既存のwpXレンタルサーバー(例えばiPhone7)を、

⇒最新のwpX Speed(例えばiPhone12)に機種変更していくイメージ。

 

それでは、サーバー移行のの手順を確認します。

大きく、以下6ステップです。

(出所:wpX 公式HPより)

順番に、実際に移行した際の画面と、つまずきポイントをまとめました。

クーポン発行後、wpX Speedサーバーを申し込む

まず既存のアカウントで、wpXサーバーにログインします。

wpX ログイン画面

「wpX Speedへの契約移行」をクリック。

 

クーポンを発行します。

「契約移行」をクリックすると、「wpX Speedの申込み」が登場するので、クリックします。

wpX Speedに契約したのは、2020年11月末でした。

この時、画像のように、wpXレンタルサーバーは、2021年4月末までの契約期間が残っていました。

そのため、今回は6,600円のクーポンが発行され、これがそのままSpeedの支払いに使えます。

 

「wpX Speedの追加申し込み」をクリック。

15日間無料でした!(*´▽`*)

(時期によって異なります、こうゆうのうれしい♪)

 

サーバーIDを入力し、契約プランを選びます。

うぎゃっ(´д`)!

つまずき!ポイント

サーバーIDを、現在契約中のwpXサーバーと同じものを入力すると、エラーになります。

新しいサーバーIDを決めて、入力しましょう。

プランは、最初はW1の一番安いもので良いかなと思います。

その後、必要に応じてプランを変更すればOKかなと。

(ブログスタートした方は、最初はアクセスはそこまでないことが多いので、最大の1,200円に届かず、700円/月となることもあります。)

 

「申し込み内容の確認」をクリックし、完了です。

 

設定完了したら、メールが届きます。

今回は、1分以内にメールが来ました。

他の方のブログによると、多少時間差はありそうです。

 

ここまでで、サーバーの契約が完了しました。

スマホの新機種の契約が完了したイメージです。

次に、ドメインを新サーバーに設定します。

(新機種のスマホでも、同じ電話番号を使えるように設定するイメージです)

 

※残期間分のクーポン確認方法

移行した際に、残期間のクーポンを発行した場合、以下から設が完了しているか確認できます。

wpX管理画面⇒wpX Speedのアカウントに切り替え(右上)⇒契約管理⇒自動引き落とし設定⇒お支払い設定状況

クーポン残高が反映されていればOK

こちらから引き落とされます。

クレジット情報は登録しておくと、クーポン残高がなくなった場合、クレジットカードから引き落とされます。

 

旧サービスのドメインを追加します

wpX Speedの画面で、ドメインの追加設定を行います。

 

うぎゃっ(´д`)!

つまずき!ポイント

旧サービスに…のタブが無い(ー_ー)!!

wpXレンタルサーバー画面で探していました。

画面上部の切り替えフィルターで、新サーバーであるwpX Speedの画面に切り替えると、タブが出現しました~。

一安心★

 

WordPressを移行する

ブログを書いているアプリ、ワードプレスを、新機種でも使えるように移行するイメージです。

 

移行前のURL、移行後のURL(基本は同じ??)を入力します。

この時、クロムなどのブラウザが記憶している、wpXの管理画面ID、パスワードがデフォルトで入っていることがあります。

ここはWordPressのログイン情報を入力します。

画像は、もともと記載されていたID、パスワードでそのまま確定押してしまっ手エラー。

 

情報を入力して「WordPressを移行する」ボタンをクリック。

 

うぎゃっ(´д`)!

つまずき!ポイント

ずーっと移行ステータスが、「待機中(進捗0%)」

ブラウザの「更新マークを」押すと、完了!となりました。

0%の状態で1時間…

へ~、WordPressの移行ってこんなに時間がかかるのね??(´・ω・)

いや??5%くらいは進んでもよいはず!?

思い切って更新マークをクリックっ。

すると100%完了!完了時間3分!

となっていました(^^;

とっくに完了していたのね…

 

サイトの動作確認を行う

手順にはありましたが、何もしませんでした。

 

追加ドメインのDNSレコードを編集する

ドメインを、新サーバーのIPアドレスに変更します。

wpX Speedの画面で、「サーバ情報」にある新サーバーのIPアドレスをコピー。

DNS設定にて、対象のドメインを選び、

コピーしていたIPアドレスを張り付けて設定します。

 

この際、必要あればタイプTXTも変更します。

(出所:wxp speed公式HP)

 

旧サービスからドメインを削除

めでたく、新サービスへの設定が完了しました(^^)v

あとは、旧サービスに設定されているドメインを削除します。

旧サービスの管理画面で、ドメイン追加設定より削除します。

いえ~い、お疲れ様でした!

 

私の場合、あと2つ、大きくつまずきました(^^;

つまずき!ポイント

WordPressの移行した後に、4日ほど経過してから、追加ドメインにを新サーバーのIPアドレスに変更しました。

その間、ブログを更新しました。

すると、うぎゃっ(´д`)!

更新していた内容が消えました。

これはもう仕方なく、消えたブログの再執筆です。

対策としては、移行手順をすべて終えてから、下書き含めてサイト内容は更新しましょう。

 

つまずき!ポイント

別サイトを移行時、なぜかドメインのIPアドレスを新サーバーに変更を忘れました。

そして、最後のSTEPである、旧サービスのドメイン削除をしてしまいましたー!

 

サイトをクリックすると、エラー画面に。

サイトが表示できない(´゚д゚`)

慌てて何度もクリックしたら、「あなたの情報を盗み出す可能性のあるサイトです」的な怖いメッセージが…

うぎゃっ(´д`)!

うぎゃっ(´д`)!

慌てて手順を確認し、忘れていた新サーバーのIPアドレスに変更。

しばらくエラー画面でしたが、翌朝、サイトが閲覧できるように復活してました。

良かった~~(^^;

 

サーバー移行完了

つまずきポイントはいくつかありますが、基本的には手順書に添って実施すれば簡単です。

サーバーを変更して、サイトの反応速度をみると、改善されていましたよ(≧▽≦)

実際の表示速度の変化を確認した記事はこちら↓

・wpXレンタルサーバーとwpX Speedの違いは?

さすがSpeedっ!

反応速度の速さは大事。

 

あとのメリットとしては、サーバー移行というものをしたことが無かったので、貴重な経験でした。

サイト運営スキルが少し上がりました。

サイト運営をしていると、いつかはサーバー移行などのタイミングが訪れます。

実施してみると、よりデジタルが分かってくるので楽しいです。

またサイト改善に向けてはいろいろチャレンジしていきたいぞ。

・wpX Speed公式HP  

 

それでは、この辺で。

まったねー!

デジタルマーケティングカテゴリの最新記事