UGCとは?具体例は?SNS時代のマーケティングに重要なキーワード

UGCとは?具体例は?SNS時代のマーケティングに重要なキーワード

SNS、YouTubeが重要になってきてる今日この頃…

UGCを活用できるか!?

が、マーケティングの腕の見せ所の一つとなってきています。

 

「えっ?なにかしら? そのユージーシー?というもの。

 オーストラリアのムートンブーツ屋さんかしら?(´・ω・)

 それともそれともコーヒーかしら??(´・ω・)」

という方向けに、今回はUGCを簡単にまとめました。

 

スポンサーリンク

UGCとは

UGC=ユーザーによって生み出されたコンテンツ

User Generated Contents の略称

 

そうなのです。

企業によって作られたコンテンツではなく、

ユーザーによって作られたコンテンツです。

ん?どうゆうこと??

では具体例で確認していきましょう。

 

UGCの例

例えば…

  • 楽天市場で商品を購入する際に、参考にするレビュー
  • ココナラで仕事を発注するときに参考にする利用者の口コミ
  • アットコスメの化粧品の評価
  • 個人発信の旅ブログ
  • キャンプについて語る個人のYouTube
  • Twitterでの個人の投稿

 

参考に、UGCではない例

  • 企業が作成したTVのCM
  • 企業が作成した電車内のつり革広告
  • Twitterでの企業アカウントの発信

 

私自身、何か購入する時の判断に、UGCをよ~~~く使っているな。

改めて実感です(*‘∀‘)

 

UGCが重要になってきた理由

具体例からわかるように、UGC自体は前から存在してました。

掲示板とか。

 

UGCの重要度がぐ~~んと伸びたのはSNSにあります。

SNS上のUGCは、拡散力が絶大。

・フォロアーへの発信で拡散

・いいね!や、リツイートによる拡散

拡散力が高いと、消費者へのリーチ力も高い

→結果、UGCの影響度が大きくなります。

これが、UGCが、ここにきて重要になってきた理由です。

 

スポンサーリンク

UGC活用のメリット

UGC活用のメリットはいっぱい★

  • 費用が低コスト
  • ユーザーが販売促進をしてくれる
  • プロモーションのヒントをユーザーの発信から得られる
  • ユーザー自身による投稿だから、信頼しやすい

 

UGC活用のデメリット

もちろんデメリットも有りです。

  • 企業側がコントロールできない
  • 企業にとってマイナスな内容のコンテンツとなることもある

 

それぞれの対策!

  • 企業側がコントロールできない

 →ユーザーとコミュニケーションを取り、「こういうコンテンツが良いな~」と伝えることで、理想としているUGCに近づけることもできます。

 

  • 企業にとってマイナスな内容のコンテンツとなることもある

 →マイナスなコンテンツには、すぐ反応することで、より企業のファンになってくれることがあります。

  対応次第では、マイナスコンテンツをプラスのコンテンツに変えることも可能です。

 

UGCとCGMの違い

似ているキーワードで「CGM」があります。

CGM=ユーザーの投稿によって成り立つメディア

Consumer Generated Media の略称

クックパッドやYouTubeのプラットフォーム自体のことを意味します。

 

スポンサーリンク

UGCを創り出すマーケティング戦術

UGCを創り出すには…

サービス、製品そのものが、友人に教えたくなるほど素晴らしい

ことです。

サービス、製品が消費者に認知されれば、UGCがもりもり自然発生してきます。

 

この他にUGCを創り出すとすれば…

・Twitterの#キャンペーン

・インスタで写真投稿キャンペーン

・楽天市場で、口コミ書いてくれたら100円引きプロモーション

・自社商品を、顧客が拡散したくなるようにSNS上で表現する

などあります。

 

このUGCを活用して、製品の購買までを考えるのが、「ULSSAS(ウルサス)」と呼ばれる購買行動プロセスになります。

ULSSASについての記事はこちら↓

・ウルサス(ULSSAS) とは?UGCを利用して購買までつなぐデジタルマーケティング

 

どうやったら、自社製品のUGCを創り出せるかな?

既にあるUGCはどんなものかな?

UGCについて考えると、新しい戦術のヒントがもりもり出てくるかもしれません(*^^)v

 

それではこの辺で。

まったねー!

デジタルマーケティングカテゴリの最新記事