黒字倒産とは?なぜ黒字なのに倒産するの?を解説

黒字倒産とは?なぜ黒字なのに倒産するの?を解説

決算書上では利益が出ている。

うんうん(^^)v

経営はだいじょーぶ!

しかしある日、うぎゃっ、倒産Σ(・ω・ノ)ノ!

黒字なのに倒産してしまう、黒字倒産が起きることがあります。

今回は黒字倒産について解説していきます。

 

黒字倒産とは

黒字倒産とは、決算書上では、利益が出ている(黒字)

のに、倒産してしまうことを言います。

 

そもそも倒産とは

倒産とは…

支払える現金がないため、継続して経営できない状態をいいます。

ずーっと、赤字でも、支払いさえできれば、倒産はしないのです。

つまり…

手元に支払いができる現金があればOKです。

 

なぜ黒字倒産が起きるの?

黒字倒産が起きる原因:キャッシュ(現金)が足りなくなるため

 

例えば…

100円で仕入れた木材を加工し、2,000円のベンチで販売できるとします。

ベンチを製造するもろもろ費用は500円。

2,000円(販売額)ー100円(材料費)ー500円(もろもろ費用)=1,400円(利益)

利益が出ているので黒字です。

しかし、販売する前に、材料費100円の支払い期間がきてしまったとしたら…

まだ販売していないので、手元にある現金は、0円。

100円支払えないから、倒産(>_<)となるのです。

 

黒字倒産を防ぐには

では、支払える現金が常に手元にある状態をつくり、黒字倒産を防ぐにはとうしたらよいでしょうか。

 

大きな予防策は3つ。

  1. キャッシュフローを把握する
  2. 支払い期間を延ばす
  3. 在庫を減らす

この3つを具体的に説明します。

とある木製のベンチを製造している会社を例にします。

 

1.キャッシュフローを把握する

キャッシュフローをしっかり管理し、手元にある現金を把握します。

キャッシュフローの付け方はここでは解説しませんが、検索してみましょう。

 

キャッシュフローについての記事はこちら↓

・決算書をみる上で重要ポイント! キャッシュフローで簡単に判断できる会社の8タイプ分析~身体測定を例に~

 

2.支払い期間を延ばす

木製のベンチを製造するには、木材を仕入れます。

木材を仕入れた際、支払いを行います。

この支払いは、都度行われる場合よりも、一定期間分まとめて後日支払うことの方が一般的です。

この支払期間が、15日に1度と、2か月に1度だと、2か月に1度のほうが、手元に現金がある期間が長いのです。

よって、支払い期間を延ばせると、現金に余裕ができ安心です(*^^)v

 

3.在庫を減らす

在庫はモノで、現金ではありません。

例えば、

「税金の支払いお願いします」

「倉庫に在庫として眠っているベンチでお願いします(*’ω’*)」

「は~い、OK!納税完了です。」

とはならないのですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

しかも在庫は資産として計上されます。

在庫が多いと、決算書上はなかなか良いなとなっても、現金がなくて支払いできず、黒字倒産となってしまう可能性があるのです。

 

以上、黒字倒産とは?から始まり、黒字倒産を防ぐ方法までを簡単にまとめました。

黒字を出せているということは、世の中で求められている会社です。

そんな会社が支払いできずに、事業を存続できない、、、なんてことはなんとか避けたいですよね。

キャッシュフローを把握し、対策することはとっても重要です。

 

それでは、この辺で。

まったねー!

 

 

 

 

財務会計カテゴリの最新記事