ブルーオーシャン戦略

ブルーオーシャン戦略

今回はブルーオーシャン戦略について簡単に用語説明をします。

 

ブルーオーシャンは、競争相手のいない未開拓市場のことです。

ブルーオーシャンと、その対となる言葉にレッドオーシャンがあります。

レッドオーシャンは、競合企業がこみこみの飽和状態の市場です。

血が出るほど激しい競争が行われているイメージです。

 

ただし、ブルーオーシャンも、すぐに新規企業が参入してきます。

模倣しやすい製品の場合、すぐにブルーオーシャンがレッドオーシャンになってしまいます。

 

スポンサーリンク

レッドオーシャン

レッドオーシャンは、既存の製品やサービスを少し変化させながら、既存市場で勝負し、市場シェアを取り合います。

競争で生き抜いていかないと、存続ができません。

目の前にある市場需要を、競争によって勝ち取ります。

大手の企業は、こちらでも十分ビジネスが可能です。

 

ブルーオーシャン

ブルーオーシャンでは、市場そのものを自ら創り出します。

新規市場を創造するのがブルーオーシャン戦略です。

競争を中心としないブルーオーシャンでは、レッドオーシャンより高い収益性が期待できます。

ニッチな製品を保持している企業は、こちらの市場を狙っております。

 

キーワードカテゴリの最新記事