ハトといったら平和堂~ドミナント戦略の小売業~

ハトといったら平和堂~ドミナント戦略の小売業~

ハト2匹の看板のスーパーマーケットを見たことがありますか?

企業名は「平和堂」

事業内容は、食料品・衣料品・住居関連品等の総合小売業。

滋賀県を中心とした食品スーパーがメインの小売業です。

今回は平和堂について診ていきましょう。

 

平和堂ってどんな会社?

会社名: 株式会社平和堂
売上高: 438,132 百万円
営業利益額: 13,919 百万円
経常利益額: 14,800 百万円
純利益額: 9,438 百万円
従業員数: 5,772 人
従業員平均年齢: 41 才
従業員平均給与額: 532 万円
払込資本金額: 30,805 百万円
発行済株式数: 58,546,470 株
(平成30 年2月期決算)

 

売上規模は結構あります。

食品スーパー (平成27-28年)少し古いデータになってしまいますが…

業界売上高ランキング
1位 イオン 57,137億円
2位 セブン&アイ・HD 20,515億円
3位 ユニーグループ・HD 8,647億円
4位 イズミ 6,687億円
5位 ユナイテッド・スーパー 6,495億円
6位 ライフコーポレーション 6,299億円
7位 アークス 5,019億円
8位 バローHD 4,974億円
9位 平和堂 4,370億円
10位 ヤオコー 3,106億円

食品スーパーで第9位!

え?名前を初めて聞いたけど、意外と売上規模が大きいのね!?

そうなのです。

その理由は…

ドミナント戦略をとっている企業だからです。

(ドミナント戦略についてはこちら)

平和堂は150店あります(2018年時点)

すべて滋賀県、もしくは滋賀県の近隣です。

(出所:平和堂HPより http://www.heiwado.jp/profile/tenpo_top.html)

ドミナント戦略を取ることで、次のようなメリットがあります。

・地域のニーズを品揃えに活かす

・配送、チラシ等が効率よく低コストで可

 

滋賀県にお住まいの方は、知らない人はいない?ほど有名!なのではないでしょうか。

ぎゅっと密度の濃い店舗展開をしております。

 

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

平和堂の経営で大切にしていること

経営基盤もしっかりしている印象です。

商業を通じて豊かな暮らしと文化生活の向上に貢献し、より多くの消費者にとってなくてはならない店になることを目指しております。

事業展開する中で、特に重要視していることは3つ。

① お客様満足度の高い会社
絶えずお客様の目線で考え、行動することを基本に、生活向上や楽しさを実現する商品の開発や、売り場づく
りの充実をはかる。

② 社員満足度の高い会社の実現
一人ひとりの社員の個性や創造性が発揮でき、生きがい・働きがいを感じる職場風土の実現を目指す。

③ 地域社会や環境との共生をはかる会社の実現
住みよい、暮らしに優しいまちづくりへの貢献を行い、環境の保全や高齢者・社会的弱者等に十分な配慮をし
た施設や商品提供・売場づくりに力を入れる。

顧客、従業員、地域社会にとって良い企業となる。

これを目指し実現することで、これから10年、30年、50年と永続できる企業となりそうですね!

 

以上、平和堂を人に例えるとこんなイメージです。

 

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

平和堂が大切にしているハトシリーズ

平和堂を調べていくと沢山の「ハト」に出会います。

ここまで徹底して「ハト」なのは珍しいので、平和堂が打ち出している「ハト」について集めてみました。

 

<ハト①:店舗看板の2羽のハト>

しっかり意味があります。

二羽のハトは、対立と調和を大事にして進歩している様子を表しております。

そこには、対立ばかりでは争いとなり、調和ばかりでは沈滞してしまうので、バランスよく向き合っていくことが意図されております。

 

<ハト②:5つのハトのお約束>

平和堂は企業として5つ約束を提示しております。

その5つの約束はハトで表現されております。

1.奉仕のハトは、お客様へのサービスを第一とします
2.創造のハトは、よい品を販売します
3.感謝のハトは、お取引先との信用を重んじます
4.友愛のハトは、みんなの幸せを築きます
5.平和のハトは、地域社会のためにつくします

この5つのハトをもとに駐機経営計画などが落とし込まれていきます。

また、売上高、粗利益高の呼び方に表れております。

売上高→ご奉仕高
粗利益高→創造高

5つのハトは、平和堂の経営の軸になっております。

 

<ハト③:はとっぴー>

愛らしいキャラクターもいます。


(出所:平和堂HP http://www.heiwado.jp/release/2013/character_start.html)

平和堂のイメージキャラクター、はとっぴー。

2013年7月にデザインを一般募集し、投票により決まったはとっぴー。

 

<ハト④:歌>

そしてそして、歌もあるんです。

(出所:平和堂HP http://www.heiwado.jp/song/song_top.html)

 

ハトの徹底力、半端ありません。

 

これからの平和堂

滋賀県を中心に店舗展開をおこなっている平和堂。

滋賀県も、日本の大きな課題である少子高齢化の例外ではありません。

 

2040年では、滋賀県ほとんどの市町が、人口減少する。

(出所:滋賀県内市町の将来人口推計 滋賀県作成)

 

国土交通省が推計した1キロ四方単位の人口メッシュで見ると、特に、中山間地域の人口減少が著しくなる。

(出所:滋賀県内市町の将来人口推計 滋賀県作成)

 

高齢者65歳以上の割合が、2010年では全ての市町で3割以下であったのが、2040年ではほとんどの市町で3割以上となり、一部4割を超える市町もある。

 

(出所:滋賀県内市町の将来人口推計 滋賀県作成)

 

このような背景に、平和堂は事業を通じて応えようとしております。

それが「ホームサポートサービス」です。

買い物できない高齢者に「お買い物代行」「暮らしのお手伝い」を実施。

地域の顧客との絆を深めていきたいという想いがあります。

商業を通じて豊かな暮らしと文化生活の向上に貢献し、より多くの消費者になくてはならない店になる
を実践している事業内容です。

 

 

滋賀県を訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみたいお店ですね。

企業分析カテゴリの最新記事