SDGs~これからの世界の未来を考えるプロジェクト~

SDGs~これからの世界の未来を考えるプロジェクト~

※2019年1月24日更新

 

SDGsというワード、耳にしたことありますか?

今回は「SDGs(エスディージーズ)」についてまとめます。

 

スポンサーリンク

SDGsとは

Sustainable Development Goals

持続可能な開発目標

この頭文字をとってSDGsです。

 

SDGsは,2015年9月の国連サミットで採択された世界一致団結して実現しようとしている目標です。

「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現にむけて、2030年を期限とする17の国際目標を掲げられました。

17の目標は、貧困、教育、エネルギー、都市、気候変動などがあります。

 

 

SDGsの特徴

<特徴①>

発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、取組の過程で地球上の誰一人として取り残さない
(no one will be left behind)。

→つまり、地球上の人間、みんなが対象ですよ~ということです。

 

<特徴②>

SDGs の目標(ゴール)とターゲットは「統合され、不可分のもの」であり、環境・経済・社会の持続可能な開発の三側面のバランスがとれ、統合された形で達成する。

→つまり、環境の問題、経済の問題、社会の問題を、技術を活用してバランスよく改善させていくものですよー。といった感じです。この3つを同時に考えるプロジェクト、珍しいです。

 

<特徴③>

持続可能な開発のキーワードとして、人間(People)、地球(Planet)、繁栄(Prosperity)、平和(Peace)、連帯(Partnership)の「5 つの P」を掲げる。


(出典:国際連合広報局)

→これから100年後、1000年後の世界を考えた時、この「5つのP」、どれひとつなくして持続することは困難です。分かりやすく集約した5Pです。

 

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

持続可能な開発目標(SDGs)17の目標(Goals)

SDGsは17個のゴールから構成されています。

具体的な17のゴールは以下になります。

(出典:国際連合広報局)

1 貧困: あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる
2 飢餓: 飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する
3 保健: あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
4 教育: すべての人々への包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
5 ジェンダー: ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う
6 水・衛生: すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する
7 エネルギー: すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保す

8 経済成長と雇用: 包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのあ
る人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する
9 インフラ、産業化、イノベーション:強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベー
ションの推進を図る
10 不平等: 各国内及び各国間の不平等を是正する
11 持続可能な都市: 包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する
12 持続可能な生産消費: 持続可能な生産消費形態を確保する
13 気候変動: 気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
14 海洋資源: 持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
15 陸上資源: 陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対
処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
16 平和: 持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセス
を提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する
17 実施手段: 持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

なんとも壮大です。

ほとんどの項目に、「すべての人」「あらゆる」「強靭な」「持続可能な」というキーワードが出てきます。

2030年。

結構先のようですが、地球レベルの問題改善には、とても短い期間に感じます。

 

スポンサーリンク

日本の取り組み

日本政府は首相を本部長として、SDGs推進委員会を設置しました。

日本企業、産学官連携して取組を始めています。

 

<三菱商事>

事業計画にサスティナビリティー(持続可能性)の項目を設けようとしております。

 

<SOMPOホールディングス>

SDGsを学べるゲームを、研修に取り入れています。

 

<神奈川県と京急>

神奈川県と京浜急行電鉄は連携協定を結びました。

具体的な取り組み内容

・自家用車から公共交通機関への乗り換え

・エコバッグの活用

・三浦半島の活性化

 

<京都市>

地球温暖化対策やごみの削減に力を入れてきました。

中心部の歩道の幅を3.5メートル→6.5メートルに広げ、車道を2車線に半減しました。

自動車の交通量は、10年前に比べて、4割減少したようです。

 

投資家も、地球温暖化などの気候変動リスクに柔軟に対応できる企業をを見極めて、事業の持続可能性を重視し始めています。

SDGsに対して自分ができること、日々の生活で考えながら生きていきたいと思います。

キーワードカテゴリの最新記事