ワークマンってどんな企業?声のする方に進化し続け、成長が止まらない~

ワークマンってどんな企業?声のする方に進化し続け、成長が止まらない~

※2021年6月7日更新

ワークマンってどんなイメージでしょうか?

「作業着売っているお店だよね~。」

いえいえ、商品・客層と、すごい進化&拡大をしています。

ちまたでは#ワークマン女子がSNSで人気です。

(出所:ワークマン公式HP)

女性向けのアウトドア商品、日常で役立つシューズ、保温機能が抜群にすごいペットボトルホルダーなんてものもっ。

幅広い客層が楽しめる、高性能で、お求めやすいオリジナル商品が店内に溢れております(´▽`)

今回はそんなワークマンという企業を診ていきます。

 

ワークマンってどんな企業?

ワークマンの強み

ワークマンの大切にしていること「声のする方に、進化する」

強みはこの顧客のニーズを聞く姿勢と、柔軟性です。

変化が激しい今の時代に、とてもマ~ッチ!

顧客のニーズを聞き取り、必要あらば、客層を拡大。

また、客層に合った出店も試みております。

新しい客層にとって、利便性の高い立地に出店を行うため、店舗数の目標は、現在の1.6倍。

現在:900店舗⇒目標:1500店舗

 

商品

また、商品はこだわり盛りだくさん。

ワークマンオリジナル商品は、全体の60%を占めています。

個人的なイメージですが(*^^)、オリジナル商品は、

・機能は、「THE NORTH FACE」を目指す

・価格は、「ユニクロ」を目指す

といった感じ。

最高ですね。

今後も、機能と価格で驚きの製品を生み続けることを掲げております。

商品開発には、公式アンバサダーが大活躍。

(出所:ワークマン公式より)

ワークマン公式アンバサダーとは、ワークマン製品が好きで、ワークマン製品を発信してくれる顧客です。

ワークマンが認定しています。

それぞれの分野で、アンバサダーが製品開発に助言を行い、顧客が求めるヒット商品と次々と生み出しております。

 

ビジネスモデル

ワークマンの店舗は、95%がフランチャイズ契約の加盟店。

つまり、株式会社ワークマンは、自社の店舗をほとんど持っていません。

加盟店は、株式会社ワークマンから、商品供給、ブランド力、店舗指導という特権を受けます。

その対価として、株式会社ワークマンに「売上げの数パーセントを支払う」というロイヤリティで還元します。

よって、株式会社ワークマンは、小売業というよりは、メーカー機能、店舗コンサル機能が収益源のメインと考えてよいでしょう。

 

ワークマンの収入源は?

株式会社ワークマンの収入源の順位は、

1位:加盟店への商品供給

2位:加盟店からのロイヤリティ収入

となっております。

よって、目標として掲げている店舗数の拡大

現在:900店舗⇒目標:1500店舗

は株式会社ワークマンにとっては、収入源を大きく増やす成長の源となります。

 

ワークマンを取り巻く環境

現在、どの企業も物流費の高騰に頭を悩ませる~(*´Д`)

これはもっともっと深刻になっていきます。

モノを運んでくれるドライバー不足が大きな原因です。

 

店舗数を拡大するにあたって、各店舗に商品を配送する物流コストをいかに抑えられるか。

物流コストの低減は、事業の収益性を大きく左右するポイントになってきます。

 

ワークマン今後のポイント

今までのを踏まえて…

ワークマンが今後、さらに成長できるかのポイントは、以下であると考えました。

  • 若い世代の客層拡大のため、駅前立地出店が成功するか
  • 店舗拡大時の物流コストを抑えられるか
  • 機能&価格◎の製品を生み続けられるか
  • アンバサダーマーケティングとSNSを更に活用できるか
  • ECサイトから、店舗送客をさらに拡大できるか

 

駅前立地の店舗

まだなかなかお目にかかりませんが。

もしかしたら、ある日突然、普段使っている最寄駅前の商業施設に、ワークマンが出現するかもしれない(∩´∀`)∩

 

ECサイトから、店舗送客をさらに拡大できるか

ワークマンが拡大を狙うC&C。

ECで購入し(Click)⇒リアル店舗で受け取る(Collect)。

理由は

・通常のECをやっていては、Amazonや楽天には対抗できないから

・加盟店となるリアル店舗へ、ワークマンのブランド力を活用して送客したいから

課題は、店頭での実際の在庫と連携になるでしょう。

なかなかね、実店舗の在庫をリアルタイムで反映していくのは難しいのです。

コスト面でも、運用面でも。

実店舗の在庫を、ECサイト上でいかに正確に表示できるかによってC&Cが成功するかどうかのキーとなるかもしれません。

 

今後のワークマンの動きに注目です。

ワークマン公式HP  

 

それでは、この辺で。

まったねー!

企業分析カテゴリの最新記事