RFIDとは?メリット・デメリット~2025年の買い物を劇的に変える存在~

RFIDとは?メリット・デメリット~2025年の買い物を劇的に変える存在~

※2019年5月9日更新

「RFIDってなに?」

「RFIDってどんなメリットがあるの?」

そんな方に応える記事を書きました。

RFIDとは

RFID(Radio Frequency Identification)

無線を利用して非接触で、電子タグのデータを読み書きする自動認識技術。

少し難しいです…

現状、商品を製造し、運び、店舗で販売する際、2次元バーコードを使って管理しています。

その2次元バーコードをもっともっと便利にしたものがRFIDというイメージ。

RFIDとバーコードとの機能を比較してみます。

(出所:平成29年4月 経済産業省 商務流通保安グループ 流通政策課 参考資料)
(出所:平成29年4月 経済産業省 商務流通保安グループ 流通政策課 参考資料)

商品1単位ごとに電子タグを付けてサプライチェーンのIoT化を実現できれば、効率がぐんっとアップすることは想像できますね!

・一括での商品情報の読み取り

・欠陥品のトレーサビリティ

・消費期限管理等

などで活躍できます。

RFIDが波及すると、サプライチェーンがこのようなイメージになります。
(出所:平成29年4月 経済産業省 商務流通保安グループ 流通政策課 参考資料)

今後、労働人口が減少していく日本には、必須の仕組みなのかもしれません。

メリット

前述した内容からメリットは以下です。

・離れたところからも読み取り可能

・複数の電子タグの一括読み取りが可能

・遮断物があっても読み取り可能

・商品ひとつひとつを識別できる

・データの書き換えが可能が電子タグもあり

デメリット

デメリットは以下です。

・電子タグの値段が高い(1枚10~20円)

・読み取り精度が悪い(水、金属などで遮断)

・電子タグを商品に効率的に張り付ける技術がない

・コードが統一化されていない

このようなデメリットから、現状、実運用されているのはアパレル業界がメインです。

食品小売業で、1枚20円する電子タグを、68円の豆腐につけると完全に赤字ですよね(;’∀’)

水に弱いのという点も、冷蔵品に使いにくくなってしまうので厄介です。

事例

<ユニクロ>

RFIDで良く取り上げられるのが、ユニクロの活用事例です。

商品に2018年からRFIDタグをつけています。

商品の値札を透かしてよ~~~~~く見ると、タグが埋め込まれているのが分かります。

見えますか??

ちょっと分かりにくいですね(^^;

左上にはRFIDタグが入っているよマークがついております。

こちらではどうでしょう?

商品に張られている値札シールです。

ユニクロのヒートテックなど、袋に入っている商品には全て張られております。

こちらを購入し、シールをはがしてみました。

あっ!あった!!

透かさなくても、裏面をみればはっきり分かりました(^_-)-☆

このタグが付いている商品をレジに持っていきました。

レジではボードの上に商品を配置し、2,3回ゆすれば商品の値段がレジに反映されました。

レジでは1品1品、読み取る必要はありません。

便利で早い!

RFIDタグには、商品の色柄・大きさ・価格・製造時期・素材などさまざな商品情報が埋め込まれています。

(出所:ファーストリテーリング決算説明資料 2018年度 サプライチェーン改革について)

劇的に買い物を快適にする未来

<レジがいらなくなる>

レジ待ちって本当に嫌ですよね(+o+)

何もしないで、ぼーっと待っている、時間がない中でレジ待ちする店舗は、買い物選択肢から遠ざかっていきます。

RFIDをつかってレジ待ちのないウォークスルー決済を実現しようとしているのがローソンです。

現在実験段階ではありますが、簡単にまとめると、次のような買い物イメージ。

①入り口でスマホスキャン、本人認証

②RFIDタグのついた商品を、買い物しながら袋に入れていく

③出口でゲートを通って買い物終了!

なんてことでしょう~♪

ストレスフリー、シンプルにスマートに買い物できますね。

今後

大日本印刷(DNP)は、低価格なUHF帯ICタグ(RFID)の開発に着手し、2020年までに単価5円以下、2025年に1円のICタグの実現を目指すと発表しています。

→一番の突破課題であった、費用面が乗り越えらそう。

経済産業省は(株)セブン‐イレブン・ジャパン、(株)ファミリーマート、(株)ローソン、ミニストップ(株)、(株)JR東日本リテールネットと共同宣言をしました。

<宣言>

・2025年までに、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズは、全ての取扱商品(推計1,000億個/年)に電子タグを貼付け、商品の個品管理を実現する。

・電子タグを用いて取得した情報の一部をサプライチェーンに提供することを検討する。

・2018年を目処に、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズは、特定の地域で、取扱商品に電子タグを貼付け、商品の個品管理を実現するための実験を開始する。

< 留保条件 >

・特殊な条件(レンジ温め、金属容器、冷凍・チルド、極細等)がない商品に貼付する「普及型」の電子タグの単価(ICチップ+アンテナ+シール化等のタグの加工に関する費用)が1円以下になっていること。

・ソースタギング(メーカーが商品に電子タグを付けること)が実現し、商品のほぼ全てをRFIDで管理できる環境が整備されていること。

コンビニ、ドラッグでRFIDが使われるようになれば、食品を製造するメーカーも、RFIDを製造の段階でつけるように後押しされるかもしれません。
そうなると、食品スーパーにも広がります。
そしてそして、さらに単価の高いあらゆる業界に広まります。

2025年、RFIDにより、リアル店舗での買い物、物流効率、店舗運営が大きく変わっているでしょう。
近い未来で、こんな進化する予測が立てられる現代、とっても面白い時代ですね!

それでは、この辺で。
またね!

キーワードカテゴリの最新記事