ファブレス・OEM・アウトソーシングの違いってなんだ?まとめてみました

ファブレス・OEM・アウトソーシングの違いってなんだ?まとめてみました

※2020年1月12日更新

 

製造業でも、様々な形態が出てきています。

個人の働き方が多様化しているように、会社の事業形態も多様化しています。

 

そんな中で、ファブレス経営という形態が面白なぁと思っていました。

調べていくうちに、OEMとの違いが良く分からなくなったので整理してみます。

ついでにアウトソーシングも。

 

結論:

委託の範囲:アウトソーシング≧ファブレス、OEM

・ファブレス (製造を委託するほうが主体的)
・OEM (製造を受託するほうが主体的)

 

あくまでも個人的な見解になります<(_ _)>

それではそれぞれ診ていきます

 

ファブレスとは?

ファブレス(fabless)とは、fab(工場)を持たない(less)

「ファブレス企業」とは、工場を所有しないメーカーのことです。

企画、研究開発を強みにも持つ企業が、ファブレス経営をよく採用しています。

その際、生産管理を強みにもつ企業に、製造工程を業務委託します。

自社の強みを活かして、自社が不足している部分を強みに持っている他社に委託する、それが製造過程の工場であった場合、ファブレス工場が有効です。

製品ライフサイクルが短い業界(部品産業など)において資産効率の高い経営が強みとなります。

製造を委託するほうがメインのイメージです。


ファブレスに関する詳しい記事はこちら↓

・ファブレス経営が成功するためのポイントは?企業例とメリット・デメリット

 

OEMとは?

OEM(Original Equipment Manufacturing)

日本語では「相手先ブランド製造」などと訳されます。

つまり、「製造メーカーが他社ブランドの製品を製造する」ということです。

自社ブランドを持ちながら、他社の製品を受託製造します。

製造を受託するほうがメインのイメージです。

 

委託者、受託者共に、お互い製造業。

製造委託者の方が、技術力が上、もしくは同じくらいのことが多いです。

委託者の技術やノウハウを、受託者は吸収することができます。

製造受託者がスポンジのような姿勢で行くとうまくいくイメージです。

 

アウトソーシングとは?

アウトソーシングとは

「経営資源をコア事業に集中投入するために、コア事業以外の部分を外部への業務委託によって補完する」

ことです。

外部委託という日本語が当てはまります。

 

なんというか範囲がとても広いです。

業務の遂行、商品の製造、サービスの提供…

なんでも当てはまります。

 

 

ファブレス・OEM・外注の違い

ここでまとめてみます。

結論は先に出ていましたが、確認すると…

委託の範囲:アウトソーシング≧ファブレス、OEM

・ファブレス (製造を委託するほうが主体的)

・OEM (製造を受託するほうが主体的)

 

外注はあらゆるのもを部分的に、他社にお願いするイメージ。

製造業だけにとらわれません。

 

では、ファブレスとOEMの違いは?


<製造能力>

・ファブレス:製造委託会社<製造受注会社

・OEM:製造委託会社≧製造受注会社

 

 

ファブレスは、製造委託会社は企画力の強み、製造受注会社は製造力の強みを相互に発揮します。

お互いの強みを使って、スピード感もって、世の中に製品を生み出す。

攻め攻めのスタイルになります。


OEMは、販路・ブランド力が弱みの製造受注会社が、製造委託会社の強みであるブランド力で販路を確保します。

また、同じく、製造委託会社の強みである技術指導も獲得します。

製造受託者が、

ブランド力の良い所を学んで少しでも吸収しよう!

製造力の良い所を少しでも吸収しよう!

というスポンジのような姿勢であるうまくいくイメージです。

自社の弱みを、他社の強みを活用して無くしていくスタイルです。

 

個人的な見解として、少し整理してみました(^^)/

それではまったね~!

キーワードカテゴリの最新記事