GI値一覧をまとめました【集中力アップのために】

GI値一覧をまとめました【集中力アップのために】

GI値というものを聞いたことはありますか?

今回の記事で、各食材のGI値一覧をまとめました。

 

GI値とは?

GI値:ブドウ糖を100として、血糖値の上がり具合を示す指標のこと。

つまりGI値が低くなるほど、血糖値の上昇の度合いが緩やかです。

血糖値の急激な変化は、眠気を誘い、集中力を低下させます。

低GI食品を意識したランチで、集中力を持続させ、仕事のパフォーマンスを上げることができます。

わ~い(≧▽≦)

GI値一覧をまとめました。

 

GI値一覧

各分類別にGI一覧をまとめました。

GI値60を基準として、以下チーム分けをしております。

・GI値60未満→低め

・GI値60以上→高め

 

穀物・パン・麺類

 

 

野菜・芋類

 

果物

 

肉類・魚介類

 

乳・乳製品・卵

 

豆類・海藻類

  

 

砂糖・菓子・飲料水

 

GI値の注意点

GI値の注意点として以下があります。

・GI値は料理方法によって変化する

・食べる量は、GI値には影響しない(カロリーは変わる)

・製品によってもGI値は異なるのでリストは参考程度でお願いします。

 

GI値が低いものをランチに選択することで、食後の仕事のパフォーマンスが変わってきます。

関連記事はこちら↓

・食後の眠気を抑え、集中力をアップさせるヒント~食事で仕事のパフォーマンスを向上させる~

 

それではこの辺で!

まったねー☆

生活カテゴリの最新記事