楽天ってどんな企業?楽天経済圏を創り出す生活にお得を提供する会社

楽天ってどんな企業?楽天経済圏を創り出す生活にお得を提供する会社

私は、日常生活で、かーなーりっ、楽天にお世話になっています。

 

どんな企業なの?

事業領域は広いけど、何が柱になっているのか?

 

診ていきます。

今回は、「楽天」がどんな会社なのか知りたい方に向けた記事です。


楽天株式会社ってどんな会社?

  • 会社名: 楽天株式会社
  • 売上高: 約1.2兆円
  • 営業利益額: 約727億円 (率:約5.8%←前年は約15%)
  • 純利益額 : -330億万円
  • 従業員数 : 18,364人
  • 従業員平均年齢 : 33.7才
  • 従業員平均給与額 : 756万円
  • 払込資本金額 : 430,303百万円
  • 発行済株式数: 1,434,573,900株
    (2019年12月期決算時)

 

売上1.2兆円。

大きな大きな企業です。

日本だけではありません。

世界中、楽天です。

(出所:楽天株式会社 決算資料2019年)

 

事業領域も広い。

(出所:楽天株式会社 決算資料2019年)

生活が完結してしまうのでは!?

というくらい網羅されています。

 

この中でもコアなビジネスが以下3つ。

イメージしやすいように、主力のサービスも一緒に記載します。

  • モバイル…楽天モバイル(格安スマホ)
  • 物流…楽天市場
  • ペイメント…楽天カード、楽天ペイ

はい。

私、よ~~く使っています。

楽天市場や楽天ペイ、楽天カード。

 

楽天ポイントについてまとめた記事はこちら↓

・【ポイ活でお得に買い物】おすすめの楽天ポイント実例を紹介

 

楽天西友ネットスーパーについてまとめた記事はこちら↓

・楽天西友ネットスーパーの活用方法&どんな人に便利?【週1回利用している私の口コミレビュー】 

 

楽天モバイルはまだ使っていないのですが、現在のスマホの契約プランが終了したら、切り替えようと考えています。

 

売上規模別にみると…

主力サービスはどれも伸びています。

(出所:楽天株式会社 決算資料2019年)

 

メインは楽天市場、楽天トラベルなどの老舗チームです。

年間売上は約2,700憶。

前年と比較して、116%増収です。

 

それに続く形で、楽天カード部門が、1,680億円の売上です。

楽天銀行、楽天モバイルも、にょきにょきの伸びています。

 

楽天の強み

強み:顧客にとってメリット大の楽天経済圏を作り上げている

生活を網羅できるサービス展開で、顧客がうれしいポイントサービスにより付加価値をつけています。

 

とにかくいろいろ購入でき、購入によって生じた還元率◎なポイントが、どんどん貯まります。

 

楽天グループの年間ポイント発行数:3,200憶ポイント (2019年 決算書資料より)

どーん!

すごいですよね(≧▽≦)

日本の国民を1億人とすると、1人平均3,200ポイント付与されています。

とにかくこの楽天ポイントが浸透しきっているのです。

 

ポイントに関するアンケート

(調査:マイボスコム インターネット調査 2018年10 月)

(出所:2019年楽天株式会社 決算資料)

 

還元率が良く、貯まりやすい。

日常の生活でポイントが付くので貯まりやすい。

多彩なサービスがあるので貯まりやすい。

 

貯まりやすいのオンパレードですが、とにかく貯まりやすいのが楽天天ポイント。

楽天のサービスを使えば使うほど、お得感が満載になる仕組みです。

 

 

楽天を取り巻く環境

この個人を囲む経済圏、今後ますます、様々な企業がチャレンジしてくるでしょう。

ある程度資金力があり、大きな企業です。

イオン、Zホールディングス(PayPay、Yahoo!など)、Amazon…

いかに便利か?いかにポイントで還元していくか?

 

競合企業との、体力と進化スピードの勝負が待ち構えています。

 

今後の注目ポイント

 

個人的に、今後の注目ポイントを挙げてみます。

ほんとーに個人的なので、あったら良いなぁというアイデアも含みます。

 

ポイント①

楽天経済圏をどこまで拡大できるか…がポイントです。

全ての買い物が楽天で展開できると、ポイントを貯めている顧客は寄せていきます。

衣・食・住の大きな視点で考えると、人生の大きな買い物は不動産Σ(・ω・ノ)ノ!

今後、不動産事業、開始しましたー!なんて日経新聞に掲載されることを、ひそかに楽しみにしております。

 

ポイント②

顧客に教育という価値を提供できるか?

楽天経済圏に寄せ、投資をする。

お金が育っていく…

そんなお金の教育も併せて提供できると、さらに顧客を囲い込めるのでは!?

 

しかし、自社で声高らかに、楽天経済圏が良いですよー!

っていっても、騙されている気がして警戒してしまうので、ここは、体験談を発信してくれるインフルエンザ―頼みでも良いかもしれません。

 

ポイント③

経営の安全性を確保できるか!?もポイントです。

 

クレジットカード事業が伸びているので、キャッシュはますます流出してくるでしょう。

その分を、楽天証券、楽天銀行もセットで契約してもらうことで、資金流入もしっかりとっていくことが大切です。

2019年決算のキャッシュフローは以下の通り。

(2019年決算書より、筆者作成)

楽天は営業活動からプラスの現金を生み出し、投資活動にも積極的、かつ積極的に資金調達もしています。

なんというか理想形の成長企業パターン。

 

キャッシュフローの見方についてまとめた記事はこちら↓

・決算書をみる上で重要ポイント! キャッシュフローで簡単に判断できる会社の8タイプ分析~身体測定を例に~

 

クレジットカード事業が伸びているため、資金流出が増えています。

が、楽天銀行、楽天証券により現金を確保できています。

売上の4か月分のネットキャッシュフローはあるので、現時点では安全といって良いでしょう。

 

自己資本比率が8%(2019年)

というのも気になるので、自己資本をあげるような取り組みがほしいところ(≧◇≦)

2019年は利益が少なかったので、2018年のように収益力を上げていければ問題ないでしょう( ..)φ

 

どんな事業を展開していくのかとても楽しみです(^^)v

今後も、ポイント生活、お世話になります。

 

それではこの辺で!

まったねー♪

企業分析カテゴリの最新記事