今後注目!再生可能エネルギー

今後注目!再生可能エネルギー

※2018年7月28日更新

2050年に向け、国の長期エネルギー戦略の概要が発表されたようです。

2050年って今から32年後…

どんな世界になっているのか?
どんな自分になっているのか??
想像できなーい…
話戻します。

日経新聞によると、「パリ協定」に基づく脱炭素社会に向け、太陽光などの再生エネルギーを主力の電力としていくことが分かりました。

さらに、太陽光に偏りがちな日本の再生エネルギーですが、安定供給のため多様化を推進するようです。

 

スポンサーリンク

主要国の一次エネルギー自給率

主要国のエネルギー自給率を確認してみましょう。

(出所:経済産業省 資源エネルギー庁 日本のエネルギー)

2015年の日本のエネルギー自給率は7.4%。

えっ、日本のエネルギー自給率って低い!?

そうなのです。日本は石油や天然ガスなどの資源に乏しい国ですよね。

他国と比べると、棒グラフがちょびっとしかありません。

ということは、どうしても他国に依存しなくてはならなくなります。

国際情勢の影響を受けやすくなり、強い国ではなくなってしまうのです。

とはいえ、石炭、石油は、種を蒔けば生えてくるというものではありません。

となると、再生可能エネルギーの重要性が高いことは納得ですね。

 

 

スポンサーリンク

Advertisement

 

再生可能エネルギーを発電する会社

再生可能エネルギーを取り扱ってて、活き活き輝いている会社!

そんな企業には、朗報な国の方針です。

 

ん??

 

確か以前、記事に取り上げた気がする…
そうです、そうです。
エフオンです!


何かと話題で最近、当ブログに取りあげられることが多い。

以前の記事はこちらです。
エフオン ~収益力のある日本初のESCO事業専業の会社~
投資キャッシュフローが多い企業 ~木質バイオマス発電のエフオン~
電力自由化による可能性を教えてくれた1冊

国の方針となると、様々な補助金とかも出てきそうです。

エネルギーの黒子であれというエフオンですが、、このままいくと表に出ざるをえなくなりそうですね。

黒子のベールを脱ぐとき、どのような別の顔の成長戦略がでてくるか、将来がとっても楽しみな企業でした。

 

再生可能エネルギーを選択する会社

そして、事業に使う電力を、再生可能エネルギーで行うという企業もちらほら増えてきています。

富士通、丸井グループが10~30年かけて段階的に再生エネルギーに切り替えることが2018年7月20日の日経新聞で記載されています。

富士通:再生エネルギー約7%(2018年)→100%(2050年)

このような大手企業が再生可能エネルギーを選択すると、提供側も発電の事業採算性が向上し、さらに普及する可能性がでてきます。

今後の企業の動きに注目です。

社会のできごとカテゴリの最新記事