【睡眠の質向上】産後の眠いけど寝れない~が整体で解消されたよ

【睡眠の質向上】産後の眠いけど寝れない~が整体で解消されたよ

睡眠に関する記事を、久しぶりにいくつかまとめます。

仕事や日常生活のパフォーマンスを上げるために良質な睡眠は大事!

ということで、睡眠には気を使い、睡眠力には自信があった筆者です。

 

しかーし!

ライフスタイルの変化で、睡眠の質を高めるハードルが激ムズになりました。

それは妊娠中・産後・小さな子供がいるというライフステージ。

今回はそんな激ムズな中、みごと睡眠力を改善できた体験談をまとめます。

 

妊娠中、産後、小さなお子さんがいる方はもちろん、夜間に起きてしまう方、介護で睡眠がしっかりとれていない方にも参考になればうれしいです。

産後の睡眠の質は激ムズな理由

本ブログでも、睡眠の質を高めることで仕事効率を上げる内容をまとめたことがあります↓

≫睡眠力もスキルのうち!?仕事効率UPする良質なぐっすり睡眠にする方法7選

とにもかくにも、睡眠は大事。

人生の満足度を高める基本といっても過言ではありません。

しかし、2人目の出産後、睡眠の質を上げるのが難しくなりました。

理由は「眠たいのに眠りにつけない」からです。

 

例えば、とある夜のこと。

  • 23時:就寝
  • 24時:第2子の授乳&おむつ替え
  • 2時:第1子のトイレ付き添い
  • 3時:第2子の授乳&おむつ替え&はき戻しによる全着替え
  • 5時:第1子がなんでそうなるの?という寝相で直撃(^^;
  • 6時:第2子の授乳&おむつ替え
  • 6時半:起床

(一番起きた新生児期の一例です)

これは寝られん!笑

もー、こうゆうものかぁと開き直りでした(^^)v

新生児期は、夜間の頻繁なおむつ替えが必要です。

また第2子は、ミルクを豪快にはき戻ししやすかったので、夜間の全着替えがしばしば発生しました。

産後のお母さんは、赤ちゃんによっては2時間おきに授乳する場合もあると思います。

この辺りは、ほんと子供によりけり。

そして赤ちゃんでなくとも、上の子も夜間起きます、動きます(^^;

ともかく、夜間に自分でコントロールできない事象で、高頻度で起きる方は、実は多いのではないでしょうか。

 

そしてここからが、私は問題でした。

子供がいるから起きるのはしょうがないのです。

しかしなぜか、1回起きるとなかなか寝付けなくなってしまったのです(自分が…)。

なぜだ??ホルモンの関係??

一度起きると寝つけない問題は、妊娠中から発生していました。

 

我が家の第2子は、幸いにも夜泣きなどせず、授乳したらすとん寝てくれる子でした。

しかし、肝心の自分が、すぐ眠りにつけないのです。

赤ちゃんは授乳後で寝ているし、第一子もすやすや寝ている。

今しかない寝るチャンス。

すぐにぐっすり眠りに落ちたい…

でも眠たいのに、横になっているのに、なかなか寝られない…

ね・む・れ・な・い・YO!

2時間後(ながっ!(^^;))、やっと、うとうと…夢をみはじめたら

「ふえ~~ん」

次の授乳の時間です。

23時~6時半の間に3回ほど起き、その後眠りになかなかつけません。

そんなこんなで、ベットに横になっているけど、全く寝られず。

結局徹夜ーみたいな感覚が続きました。

 

常に頭がぼーっとする感じ。

うん、きついな。

やっぱり睡眠は大事ということを再認識。

 

新生児の時は、昼間も積極的に昼寝してました。

でもできるなら夜、寝られるときにぐっすり寝たいもの。

 

その後、夜間の授乳間隔が伸びていきました。

夜間のはき戻しやおむつ替えも減り、だいぶ楽になりました。

が、妊娠期から続いている「夜間起きた後になかなか寝付けず…」というのは変わりませんでした。

どうしたものかね。

そんな状況が劇的に改善されたのが、なんと整体でした。

整体に通い始める

産後4か月ごろ、整体に通い始めました。

通い始めの目的は骨盤矯正でした。

 

第1子の産後は、骨盤矯正のトコちゃんベルトを産後1カ月つけて終わりました。

腹筋をすると、尾てい骨が痛い気がして。

これは骨盤が曲がっているかも??(>_<)

日常生活に不便はなかったのですが、第2子妊娠期にマイナートラブルも多く。

第2子産後には整体に行ってみたいと思っていました。

そして産後4か月、初めて整体というものに通い始めました。

結論としては、この整体が睡眠改善にとても効果がありました。

 

睡眠が改善された整体『M式テクニック』

整体は初めてでした。

なので一般的な整体というものを知りません。

関節をぼきっ!とならして痛い…そんな整体をイメージしてました。

しかし、実際に通った整骨院で行っていた整体は全然違いました。

ぼきぼきしませんでした。

 

ぐーーーーっと押して、機械でとんとんとんとん…そんな整体でした(^^)

「M式テクニック」をいう手法を採用している整骨院。

※全国でこの手法を採用している整骨院、後に調べてみると意外とありました。

 

産後、スマホ・パソコンからくるストレートネック、猫背、授乳時の肩こり、衝撃の激しいスポーツ、重い荷物を持つなどで身体のゆがみが発生します。

そのゆがみを整え、身体の機能(筋肉・関節・神経の働き)を良くし、 自然治癒力を最大限働くようにして、様々な不調を改善させていく治療法です。

 

要するに、日常生活で発生した身体のゆがみをなおすことで、体内の循環をぐるぐる回す。

ぐるぐる回ることにより、ぐっすり眠れて(睡眠の質向上)、自然治癒力がア~~~ップ!

(睡眠は最大の免疫です(´▽`))

それにより、腰痛改善、猫背改善、骨盤矯正などに効果があるよ!というものでした。

 

詳細はこちらの整骨院HPをご参考に↓

≫メリー整骨院公式HP「M式テクニックとは」

 

例えば、背骨のゆがんでいて、脊髄神経を圧迫しており身体が痛いよ~という人がいたとします。

身体を家に例えると、家が傾いた状態。

ドアが開きにくい(腰が痛い、肩が痛い、骨盤がゆがむ等)のです。

この状態だと、ドアだけなおしても解決しません。

根本からゆがみをなおす必要があります。

M式テクニックは、まず家の大きな柱をなおすという手法です。

 

圧迫している背骨のゆがみをなおせば、神経伝達が正しくなります。

すると、身体の緊張がとれ、筋肉・内臓がしっかりと働く。

正しく働いた身体の機能により、質の良い睡眠がとれる

自然治癒力が最大限に発揮できるということです。

 

ここで重要なのが『ゆがみがどこにあるか見極める』ということ。

ゆがみが起きると、それを補おうとする他の部分もゆがんでいくので、根本を見極めることが難しくかつ重要です。

例えば、最初に首の骨がゆがみ、ストレートネックになる⇒顔が前に出る⇒猫背⇒骨盤までゆがむ。

そんな感じで、実際に不調を感じている部分は分かりやすいのですが、根本を探るのが整骨院の先生の腕の見せ所。

 

では実際の施術はどんな感じか?

ゆがみの原因となる箇所を、特殊な機械でぐ~っと押します。

そのあと、その特殊な機械が、小さな振動で「トントントントンっ」

最初にこの音を聞いたとき、この整骨院にはキツツキがいるのかな?と思いました。

密かにキツツキマシンとよんでいます。

痛くはないです。

正直いうと、普段ゆがんでおり負担がかかっている所をぐ~~~っと圧されたときは「うぐっ」っとなったりします。

が、痛気持ちいい、そんな感じなので全然大丈夫です。

 

そして通った初日から、なんと!睡眠の質が改善されました。

夜間に授乳やらなんやらで2、3回起きます。

でも起きた後、ベットに横になるとストンと眠りにつけるのです。

本当に不思議。

通い始めてから、寝れないなぁと感じる日が激減しました。

睡眠の質が改善できた整骨院

 

埼玉県さいたま市浦和区にあるメリー整骨院にお世話になっております。

≫メリー整骨院公式HP

 

産後4か月から、現在8か月まで通っています。

創業者でもある高山先生。

とても気さくで相談しやすい先生です。

子供も大好きで、赤ちゃんや子供を見守る目が優しさに溢れております。

 

私がメリー整骨院を選んだ理由は以下3点。

  • 赤ちゃん連れOK(子供でも大丈夫です)
  • 立地が通いやすい
  • 産後の骨盤ケアをしている

整体に行ったことがない筆者でしたから、こちらの整骨院がM式テクニックを採用しているなどよくわかっていませんでした。

産後の骨盤ケアに行ったのだけど、なんと睡眠の質が改善され、眠れるようになっちゃった!というのが正直なところ(笑)

 

すぐに眠れるようになったことで、夜間起きても睡眠時間がしっかりとれるようになりました。

その結果、日中のあたまがすっきり。

繰り返しになりますが、睡眠って本当に大事。

 

実際の施術の様子など詳細は長くなるので別記事で紹介したいと思います。

まとめたらアップしていきます。

 

※睡眠の質の関連記事

≫睡眠力もスキルのうち!?仕事効率UPする良質なぐっすり睡眠にする方法7選

≫睡眠力もスキルのうちォーマンス向上に大切な身体のメンテナンス【食事・睡眠・運動】前提条件だよ★

≫睡眠の質を極めるマットレスはこれ!モットンと雲のやすらぎを比較

≫質の良い睡眠にする食事とは?

 

整骨院の効果や効能には個人差があります。

症状の改善を100%保障するものではないことをご理解くださいませ。

 

それではこの辺で。

まったねー!

 

生活カテゴリの最新記事